>   >   > 【芸能ニュース】“りこん星人”小倉優子の「幸せ4部作」が黒歴史入り
ニュース
【premium限定ニュース】

“りこん星人”小倉優子の「幸せ4部作」が黒歴史入り

+お気に入りに追加
りこん星人小倉優子の「幸せ4部作」が黒歴史入りの画像1
『小倉優子のはじめてママdays』(主婦の友社)

 タレントの小倉優子が3月6日、ブログを更新し、ヘアメークアーティスト菊地勲氏と3日に“ひなまつ離婚”したことを発表したのは既報の通り。

 小倉は「私事で大変恐縮ですが、この度私たち夫婦は、それぞれの人生を歩むことになりました事をご報告させていただきます。彼には、たくさんの幸せや思い出と、なにより2人の息子というかけがえのない宝物を授かりとても感謝しています。私達が揉めているような報道もありましたが、そのような事はなく、二人で話し合い、このような結論にいたりました」と経緯を報告。「今後二児の母として頑張っていきます」とシングルマザーとしての決意をつづっている。

 一部では「慰謝料7000万円を請求」との報道もあったが、実際は慰謝料なしでの早期離婚を選択したようだ。芸能記者が言う。

「タレントとして稼いでいける自信の表れでしょうが、テレビへの本格復帰には懐疑的です。“こりん星”から“幸せママ”にポジションチェンジして成功した小倉ですが、はたして今後は何を売りにしていくつもりなのか。結婚後に発売した『小倉優子の幸せごはん』『小倉優子のはじめてママdays』『小倉優子の毎日ほめられ ごはん』『小倉優子の毎日おいしい♡おうちごはん』の“幸せ4部作”はみごとに黒歴史入り。“りこん星人”とネタにできるほど開き直れたらテレビ的には面白いですが、さすがに“カリスマママ”の座からそこまでは降りて来られないでしょう。離婚ネタが一巡してからが正念場ですね」

 ワイドショーで5年前の結婚会見のVTRが繰り返し流れていたが、小倉の「私のことがすごい好きなのがわかるから、浮気は絶対にあり得ないです」という発言は今や痛々しいばかり。

 やっぱり慰謝料はガッポリもらったほうがいいんじゃ…。


人気記事ランキング
  1. 1やっぱり不倫はアウト! 全CMが放送中止で渡辺謙が大ピンチ!2017.5.17
  2. 2結局は国内向けのプロモーションに過ぎない!? 日本人アーティスト海外進出の皮算用とは!?2017.5.24
  3. 3あばれる君、イモトアヤコ、平野ノラ…生き残るのは誰だ? キャラ芸人を乱発するナベプロ――ブルゾンも使い捨て!? の育成戦略2017.5.17
  4. 4恐喝、根回し、ケタはずれのパワーゲーム……エージェント同士の殴り合いも!? ドンが牛耳った米国の芸能界2017.5.23
  5. 5佐々木希と渡部建の結婚に希望を見いだしている独身中年男性は、身のほどをわきまえるべきである。【佐々木】は希の風が吹く2017.5.23
  6. 6日本テレビの内定を断ったフジテレビのスーパールーキー・久慈暁子アナ“唯一の弱点”とは?2017.5.11
  7. 7お台場は今日も火事……河本準一の「生ポ」ネタでくりぃむ有田とフジがまた炎上2017.5.8
  8. 8【クロサカタツヤ×角 勝】“不作為”こそ罪 勘違いされたオープンイノベーションのまっとうな始め方2017.5.22
  9. 9成功の鍵は、圧力、妨害、そして根回し?マイケル・オーヴィッツによるハリウッド支配術2017.5.23
  10. 10【鈴木信也】ジャンプから消えたマンガ家はどうなる? 元ジャンプ作家が仕掛ける“穏やかな反撃”2017.5.24
Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年6月号

「教育勅語」とはなんだったのか?

「教育勅語」とはなんだったのか?
    • 【教育勅語】の歴史学
    • 【教育勅語】と天皇
    • 【教育勅語】口語訳全文

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」
    • 三上悠亜「アイドルになりたかった」

インタビュー

連載