>   >   > 【芸能ニュース】ローラをガチ口説き中の「コロチキ」ナダルに勝算アリ!?
ブサイク芸人と美女のカップルは意外と多い! ローラをガチ口説き中の「コロチキ」ナダルに勝算アリ!?の画像1
「ROLA(@rolaofficial) | Instagram」より

 新たな美女と野獣カップルが誕生するのか!?

 2月25日に放送されたバラエティ番組『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)で、コロコロチキチキペッパーズのナダルが、ローラに猛アタックしていることが暴露され、話題を呼んでいる。

「藤崎マーケットのトキによれば、ナダルが『最近いけそうな女性がいるんですよ』と話しており、その相手がローラだと明かしました。番組で共演した際に、食事に誘っている現場を4回目撃されており、これに対してナダルは『釣り行きましょう』と誘っただけと釈明しました。ローラからは『行けたら行きましょ』という返事をもらうも、いまだ実現はしていない模様です。野獣顔のナダルですが、実は素人女性に関しては口説き落とした実績がそこそこあるようで、彼にしかわかからない“手応え”を感じていたのかもしれません。ちなみに、ナダルは芸能人の華やかな結婚に憧れていて、橋本マナミもターゲットにしていると明かしていました」(テレビ誌ライター)

 当然、放送後にはネット上で「無謀」「無理」「勘違い」といったワードが連打されることとなった。しかし、芸能界を見渡せばブサイク芸人と美女のカップルは意外と多い。最近ではマンボウやしろ&Perfumeのっち、バナナマン日村勇紀&元NHK・神田愛花、よゐこ濱口優&南明奈の交際などが報じられており、実際、“抱かれたくない男”殿堂入りの出川哲朗も美人レースクイーンを射止めている。

 美女と野獣カップルが誕生する理由を、心理学に詳しいカウンセラーはこう解説する。

「女性心理としては、裏切らない、尽くされるので疲れない、収入など外見以外の魅力が大きい、別れたときに傷つくことが少ない、断りきれなかった…ということなどが挙げられます。いずれにせよ、美女の隣にいられるのは美女を口説いた男だけですから、ナダルさんにも可能性は十分あるんじゃないでしょうか」

 ナダルの大金星を大いに期待したいところだが、ローラといえば三代目J Soul Brothers・登坂広臣との交際が報じられたこともあり、かなりのイケメン好きと推察される。口説き落とすには“断りきれないほど誘いまくる”しか手はなさそう?


人気記事ランキング
  1. 1やっぱり不倫はアウト! 全CMが放送中止で渡辺謙が大ピンチ!2017.5.17
  2. 2結局は国内向けのプロモーションに過ぎない!? 日本人アーティスト海外進出の皮算用とは!?2017.5.24
  3. 3あばれる君、イモトアヤコ、平野ノラ…生き残るのは誰だ? キャラ芸人を乱発するナベプロ――ブルゾンも使い捨て!? の育成戦略2017.5.17
  4. 4恐喝、根回し、ケタはずれのパワーゲーム……エージェント同士の殴り合いも!? ドンが牛耳った米国の芸能界2017.5.23
  5. 5佐々木希と渡部建の結婚に希望を見いだしている独身中年男性は、身のほどをわきまえるべきである。【佐々木】は希の風が吹く2017.5.23
  6. 6日本テレビの内定を断ったフジテレビのスーパールーキー・久慈暁子アナ“唯一の弱点”とは?2017.5.11
  7. 7お台場は今日も火事……河本準一の「生ポ」ネタでくりぃむ有田とフジがまた炎上2017.5.8
  8. 8【クロサカタツヤ×角 勝】“不作為”こそ罪 勘違いされたオープンイノベーションのまっとうな始め方2017.5.22
  9. 9成功の鍵は、圧力、妨害、そして根回し?マイケル・オーヴィッツによるハリウッド支配術2017.5.23
  10. 10【鈴木信也】ジャンプから消えたマンガ家はどうなる? 元ジャンプ作家が仕掛ける“穏やかな反撃”2017.5.24
Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年6月号

「教育勅語」とはなんだったのか?

「教育勅語」とはなんだったのか?
    • 【教育勅語】の歴史学
    • 【教育勅語】と天皇
    • 【教育勅語】口語訳全文

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」
    • 三上悠亜「アイドルになりたかった」

インタビュー

連載