>   >   > オトメゴコロ乱読修行【23】/【東京ラブストーリー】赤名リカの呪い

――サブカルを中心に社会問題までを幅広く分析するライター・稲田豊史が、映画、小説、マンガ、アニメなどフィクションをテキストに、超絶難解な乙女心を分析。

1703_inada_200.jpg

「赤名リカ女子」と呼ぶべきタイプの女性が、各世代に一定の割合で潜伏している。赤名リカとは、1988~90年に連載されたマンガ『東京ラブストーリー』のヒロインの名前。リベラルな帰国子女で、性に奔放。自己主張が強く、男にひざまずく気はゼロ。賢く有能で仕事はできるが、情緒は超不安定。愛が激しすぎるあまり男を束縛し、振り回し、とことん疲弊させる。要は「躁状態のメンヘラ女性」だ。

 同作は91年、フジテレビの月9枠でドラマ化され、鈴木保奈美が赤名リカを演じた。今よりもずっと男性中心社会だった当時、赤名リカは一躍時代のアイコンとなり、ドラマは社会現象的に大ヒットする。

 赤名リカの信奉者および潜在的ワナビーは、ドラマ放映当時に若手OLだったバブル世代(現在アラフィフ)の女性にとどまらない。彼女たちを「頼れる、デキる先輩」として慕う団塊ジュニア(現在アラフォー)や、彼女たちを「男社会で奮闘するジャンヌ・ダルク的上司」として崇めるポスト団塊ジュニア(主に30代女性)は、間接的ではあれ赤名リカをロールモデルとしているからだ。今回は、そんな赤名リカ女子に注目しよう。

 参考書は、『東京ラブストーリー』のきっちり25年後を描いて昨年話題になった『東京ラブストーリー ~After 25 years~』。主な登場人物は25年前と同じ4人だ。シングルマザーの赤名リカ、25年前に赤名リカと交際するも振り回された挙句に離別した永尾完治(カンチ)、完治の妻・さとみ。かつてさとみと交際していた医師の三上健一である。

 物語は、完治の娘とリカの息子が婚約してさあ大変……から始まるが、正直それはどうでもいい。何が恐ろしいって、つくづく男の人生は赤名リカ女子の「マーキング」によって大きく左右されるという事実だ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年11月号

禁断の家電・ガジェット

禁断の家電・ガジェット
    • テック系企業の【経済地理額】
    • 次世代のテック系【注目都市】
    • 世界を席巻する【アジア家電】
    • 【D.O.I.×BERBAL】安室奈美恵論
    • 【アムロ】を支えたPの本音
    • 知られざる地方【テック企業】
    • 米国【大麻用電子たばこ】産業事情
    • 【星名美津紀】家電とエロス
    • 進化し続ける【アダルトVR】の今
    • 最新【バーチャルセックス】のしくみ
    • 【三代目JSB・山下健二郎】スニーカー愛
    • 【三代目Air Jordan Brothers】選出!
    • 【リバタリアン】生んだネットの終焉
    • 各国【ネット規制】の事件簿
    • 【ゲーム依存】はビョーキか否か?
    • 【モノ雑誌】の「読プレ」豪華番付
    • 【景品表示法】を弁護士はどう見るか

防弾少年団がアメリカを制する日

防弾少年団がアメリカを制する日
    • 今さら聞けない【BTS】基礎講座
    • 数字で見る【K-POP】世界進出
    • BTS支持層【アジア系アメリカ人】の連帯

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【忍野さら】友達の財布に私のトレカを入れるんです。
    • 【小林レイミ】デビュー4年目の初グラビア!
    • 振り返れば【芽衣】がいる
    • 【電力業界】に切り込んだ元フィンテック起業家
    • 【新潮45】を潰したのは誰だ!
    • 【阿波踊り】内紛の実情
    • 【中国】を支配する巨大顔認証システム
    • 【88ライジング】がアジアと米国を繋ぐ
    • 町山智浩/『ブラック・クランズマン』アメリカ・ファーストを謳うのは誰か
    • 政権の利益誘致政策に踊らされる【英語教育】の欺瞞
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/黒い水脈
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【おとぎ話みたい】文化系男子が患う恋愛の病
    • ギャング集団に所属するアパレル屋
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • ビールの世界を超越し始めた【職人】
    • ひとりぼっちたちを繋ぐ【薔薇族】の誕生
    • 幽霊、雑誌の去勢と俗物主義の衰退。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』