>   >   > 河合幹雄の法痴国家ニッポン【52】/【カジノ法案】がダメな本当の理由
連載
法社会学者・河合幹雄の法痴国家ニッポン【53】

【カジノ法案16年末成立】依存症批判も暴力団批判も的外れ!? カジノ法案がダメな本当の理由

+お気に入りに追加

法と犯罪と司法から、我が国のウラ側が見えてくる!! 治安悪化の嘘を喝破する希代の法社会学者が語る、警察・検察行政のウラにひそむ真の"意図"──。

カジノ法案16年末成立

2016年12月15日、衆議院にてIR推進法案の修正案が自民党と日本維新の会などの賛成多数で可決・成立。公明党は自主投票となった。これを受けて政府は、同26日の施行後1年以内をめどに、IR実施法案の策定を開始。ギャンブル依存症対策やカジノを運営する民間事業者の選定基準などを盛り込む見通しで、具体的な制度設計が、これから始まることになる。

1703_houchis.jpg
『カジノは日本を救うのか?』(サイゾー)

「特定複合観光施設区域の整備の推進は、地域の創意工夫及び民間の活力を生かした国際競争力の高い魅力ある滞在型観光を実現し、地域経済の振興に寄与するとともに、適切な国の監視及び管理の下で運営される健全なカジノ施設の収益が社会に還元されることを基本として行われるものとする」

 この一文は、去る2016年12月に成立した、いわゆるIR推進法の掲げる基本理念です。メディアでは11年頃から“カジノ法案”の通称で暴力団の参入やギャンブル依存症の増加を懸念する声が高まり、成立後の世論調査でも国民の6割前後が同法に反対しています。と同時に国民の多くが、すでに法が施行された以上、今後は“特定複合観光施設区域”なるものの整備が粛々と進められていくものと思っているでしょう。

 ところがこの法律、改めて条文を眺めてみると、そもそもカジノ政策についての具体的な方針、例えば誰をターゲットとしてどんなカジノを誘致するか、といったことにほとんど触れられていない。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年9月号

日本のタブー2017

日本のタブー2017

チラリと見える和モノ写真進化考

チラリと見える和モノ写真進化考
    • 園都「B90センチGカップを隠しながら」

早乙女ゆう、食品サンプルとカラむ

早乙女ゆう、食品サンプルとカラむ
    • 【18歳の現役JD女優】禁断のカラみ

NEWS SOURCE

連載

    • 【小倉優香】運気上がってるんです。
    • 【早乙女ゆう】食品サンプルとカラむ!
    • 【萩原みのり】ゆずの「いつか」に涙する
    • プロで日本王座も獲ったボクシング選手
    • 俺が大丈夫って言えば【すず】はきっと大丈夫で
    • 日本の遅れた【IT】事情を改善する最後のチャンス
    • サブカルチャーの終焉を見た
    • 【田原総一朗】というジャンルが見せるトークの妙
    • 祭りと【フリースタイル】の相性
    • デイヴィッド・ヒュームの【人性論】を読む
    • 【モブ・ディープ】黄金期を支えた巨星墜つ
    • 世界はいま本当に【テロ】の時代か?
    • 謎の【スメリズム】は18世紀欧州の"気功法"!?
    • 『この世に私の居場所なんかない』義憤に燃える介護士の血みどろコメディ
    • 【ポスト安倍候補】が語る自民党の「これまで」と「これから」
    • 戦死者たちの肖像(上)
    • もやもや籠池劇場
    • 男にはマネできないこの回転!まわるバイブで未知の体験を
    • 【サプリ】「こじらせ女子」とは社会に立ち向かう女性たち
    • 「フェティポップ」とはなんぞや?
    • 【紀宮様の婚約会見】を振り返り、眞子様と小室さんの未来を占う
    • タブーすぎる野球裏話…幽霊、興行は清濁併せ呑む暇つぶし
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』