>   > ジリ貧ラジオが今背負うもの【3】/過激な【深夜お笑い番組】

――お笑い芸人にとって、ラジオはテレビよりもゆるくのんびりした現場。テレビでは見せない鋭い発言や社会的事件への意見を繰り出す場となっている一方で、特にラジオ番組内での発言を切り取ったネットニュースが急増している。ITやネット環境の変化は、制作現場にどのような影響をもたらしているのか?

1703_b01_p4_230.jpg
ANN50年の歴代パーソナリティが豪華なこと!ビートたけしのANNは、今も伝説となっている。

 深夜のお笑いラジオといえば「クラスの数人だけがこっそりと聴いているもの」という感覚はいつの時代も変わらないものだった。熱心にネタを投稿するリスナーはハガキ職人と呼ばれ、特にニッポン放送の『オールナイトニッポン』やTBSラジオの『JUNK』という帯枠は、放送局の顔とも呼べるほどに圧倒的な人気を集めている。そこでは、普段テレビでは観られないような芸人たちのおしゃべりやリスナーとの濃密なやりとりが聴け、時にはその週に起こった事件に対してリスナーをヒヤヒヤさせるほど率直な見解や、不祥事をネタにしたボケなど過激な放送で、確固たるブランドを築き上げてきた。しかし、そんな“知る人ぞ知る遊び場”にも、タイムフリーによって新たなリスナーが流れ込んできている。

 ここでは『JUNK』のプロデューサー・宮嵜守史氏と、『おぎやはぎのメガネびいき』などを担当している放送作家・鈴木工務店氏、そして『岡村隆史のオールナイトニッポン』などを担当しているディレクターの“ビーチ”こと鈴木賢一氏に話を聞きつつ、ラジオ番組の中でも一大コンテンツであるお笑い番組の制作舞台裏や現状をみていこう。

タイムフリー派増加でもやっぱりナマがいい☆

 YouTubeなどの違法アップロードはさておき、10年ほど前までは完全なる生(リアルタイム)放送であった深夜ラジオ。しかし、2005年頃からスタートした「ポッドキャスト」によってリスナーの聴取習慣は一変したといえる。本編を部分的に切り出したり、番組アフタートークや専用コーナーを収録したものを再録して配信、音楽プレーヤーなどにダウンロードして「いつでもどこでも好きな時に聴ける」というスタイルがもたらされたのだ。

「ポッドキャストは、従来からのリスナー以外への番宣効果としては抜群でした。そこからラジオの良さを知って本編を聴くようになってくれた方もたくさんいます。一方で、それだけで満足してしまう人もいたので、そう考えると、手の込んだ作りにしないで本編のいいところを5~10分載せて、リアルタイム聴取への誘導を意識したほうが良かったかもしれない。でもそれだと物足りなくて、どれほどの人が聞いてくれたかわからないし、難しいところです」(宮嵜氏)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年11月号

ファッション(禁)コレクション2017

ファッション(禁)コレクション2017
    • 【タレントブランド】の内情と成否
    • 【Supreme×ヴィトン】コラボの裏側
    • 【ダニエル・ウェリントン】バカ売れの謎
    • 【裏原系】人脈のその後
    • 【遠山茜子】B-GIRLになる!
    • 【インスタグラマー】の熾烈な戦い
    • 【IT】が進むファッション業界の未来
    • インスタの太鼓持ち【女性ファッション誌】
    • 【デーブ・スペクター】が語るトランプのスーツ
    • 【メラニア夫人】への衣装提供拒否の裏側
    • 【ZOZO】の好きな所、嫌いな所
    • 【ファッション史】から見るゾゾ
    • 【送料自由化】を物流の専門家が分析
    • 【メルカリ】が勝った本当の理由
    • 【メルカリ出品者】が語る闇市の姿
    • 【ホットペッパービューティー】の罠
    • 【スポーツアパレル】がパリコレ占領中
    • 【ナイキ】の最先端戦略を覗き見!
    • 【高級機械式腕時計】はなぜ高い?
    • 【スマートウォッチ】台頭は吉か?凶か?

本誌特選!8人の(サ)な女たち

本誌特選!8人の(サ)な女たち
    • 歴代カバーガールグラビア傑作選

山地まり、大人Kawaiiレトロモダン水着

山地まり、大人Kawaiiレトロモダン水着
    • 【山地まり】Fカップとレトロ

NEWS SOURCE

    • 【安室奈美恵】引退宣言で揺れる音楽業界
    • 【市川海老蔵】と松竹の懐事情
    • 【ジュリーさん】がアベマ企画に大激怒

インタビュー

    • 【吉田まどか】福岡女のシンデレラストーリー
    • 【CASCADE】元祖おしゃれ系バンドの今
    • 【CHAI】女たちが追い求めるかわいい

連載

    • 【今野杏南】これで最後なんです。
    • 【佐藤江梨子】政治性が響くモンパチの歌
    • 【長澤茉里奈】合法ロリ生春巻き
    • 【斉藤由貴】スローな由貴でいてくれ
    • 【インターネット】への誤解がもたらす日本の危機
    • 【特別編】九州に格闘技界旋風起こす男
    • 【元・モー娘。】歌よりも正直なトーク
    • 【三波春夫】が2017年に蘇る
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【フレンチ・モンタナ】モロッコ系最強ラッパー
    • 【電通過労死事件】から考える労災
    • 【治療共同体】で精神病院を開放せよ!?
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」/『バリー・シール』
    • 世界一災害に弱い【東京】備えなき首都大災害
    • 小原真史の「写真時評」
    • 赤い屍と緑のタヌキ
    • ジャングルポケット/フェラペチーノで自分好みのプレイを!
    • 【最高の離婚】夫婦の溝を埋める最良のテキストドラマ
    • ボディペインティングが導く愉楽
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、政治と信仰と破綻の円環構造。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』