>   >   > 【グラビアポエム】って誰が作ってるの?

――雑誌グラビアに載っているグラビアポエムに、あなたはお気づきだろうか? 正直、かわいい女の子のお尻やおっぱいだけで十分と思えるグラビアに、ありきたりなポエムが載るのはなぜか? 本稿では16年下半期のグラビアに掲載されたポエムを厳選し、一線級の歌人の方々に“やばい! グラビアポエム”を選評していただいた。

1703_poembks.jpg
『ポエムに万歳!』(新潮文庫)

「直視をはばかる画像と、それを眺める青年の劣情を詩的感興に似た場所にさせるためには、ポエムという、論理によらない、欲望と感情のレトリックがどうしても必要だからだ」

 本誌連載陣の小田嶋隆氏は、著書『ポエムに万歳!』(新潮文庫)で、グラビアポエムの必要性をこう分析している。

 紳士諸君が凝視するもぎたてセクシーなお乳のすぐ脇に、そっと文学的な香りを漂わせるテキスト。キャッチコピーというには少しイタイにおいが漂うこのテキストは、マンションポエムをはじめとするポエムに名前をつけるブームに乗って、「グラビアポエム」と呼ばれている。一見「無駄」にみえるこのポエム、実は70~80年代のグラドル黎明期から現在までの雑誌に掲載され続けているのだから、なにか「意味」があるはずだ。

 いったい誰が、どんなこだわりを持ってグラビアポエムを執筆しているのだろうか? かつて、「EX大衆」(双葉社)で、グラビアポエムを執筆していたライターの廣田恵介氏の証言を聞いてみよう。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年11月号

ファッション(禁)コレクション2017

ファッション(禁)コレクション2017

本誌特選!8人の(サ)な女たち

本誌特選!8人の(サ)な女たち
    • 歴代カバーガールグラビア傑作選

山地まり、大人Kawaiiレトロモダン水着

山地まり、大人Kawaiiレトロモダン水着
    • 【山地まり】Fカップとレトロ

インタビュー

連載

    • 【今野杏南】これで最後なんです。
    • 【佐藤江梨子】政治性が響くモンパチの歌
    • 【長澤茉里奈】合法ロリ生春巻き
    • 【斉藤由貴】スローな由貴でいてくれ
    • 【インターネット】への誤解がもたらす日本の危機
    • 【特別編】九州に格闘技界旋風起こす男
    • 【元・モー娘。】歌よりも正直なトーク
    • 【三波春夫】が2017年に蘇る
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【フレンチ・モンタナ】モロッコ系最強ラッパー
    • 【電通過労死事件】から考える労災
    • 【治療共同体】で精神病院を開放せよ!?
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」/『バリー・シール』
    • 世界一災害に弱い【東京】備えなき首都大災害
    • 小原真史の「写真時評」
    • 赤い屍と緑のタヌキ
    • ジャングルポケット/フェラペチーノで自分好みのプレイを!
    • 【最高の離婚】夫婦の溝を埋める最良のテキストドラマ
    • ボディペインティングが導く愉楽
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、政治と信仰と破綻の円環構造。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』