>   >   > ネット炎上がなくならない理由
連載
神保哲生×宮台真司「マル激 TALK ON DEMAND」 第122回

【神保哲生×宮台真司×山口真一】正義か批評か妄想か? ネット炎上がなくならない理由

+お気に入りに追加

――ビデオジャーナリストと社会学者が紡ぐ、ネットの新境地

[今月のゲスト]

山口真一[国際大学グローバル・コミュニケーション・センター専任講師]

1703_marugekis.jpg
『ネット炎上の研究』(勁草書房)

ある人物や企業、組織などが発信した内容、行った行為に対し、SNSなどで批判的なコメントが殺到する現象を“ネット炎上”と呼ぶ。芸能人の不倫、組織の不正や汚職といったスキャンダルなど、内容は多岐にわたるが、莫大な経済損失を生むことも少なくはない。諸外国と比べて発生頻度が高いとされるネット炎上に、我々はどう向き合うべきなのか?

神保 今回はネットの「炎上」問題を取り上げます。このテーマは過去に何度か取り上げてきましたが、このたび具体的なデータに基づいて学術的な研究報告が発表されたので、その発表者である国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)講師の山口真一さんをゲストにお招きしました。山口さんは昨年、調査結果を『ネット炎上の研究』(勁草書房/田中辰雄氏との共著)という本にまとめられました。まず、この調査はどんなものだったのでしょうか?

山口 2014年に行ったもので、約2万件のアンケート調査データをベースに、統計分析をした結果などを入れております。インターネットのアンケート調査会社のネットモニターを対象にしたアンケート調査です。対象はすべてネットユーザーで、比較的ヘビーユーザーだということがわかっています。

神保 まず、帯に気になる表現があります。「炎上参加者はネット利用者の0・5%だった」。これは日本中が大炎上しているように見えても、その騒動に実際に参加している人の割合は人口の0・5%にすぎないという意味ですか?

山口 そうですね。こちらの0・5%というのは、過去1年間に「炎上」に参加したことがある、1回でも書き込んだことがある、という数字です。200人にひとり、ということで、「少ない」という意図で帯に記載しています。

神保 なるほど。ご著書では「炎上へのかかわり方」の調査結果として、「聞いたことがない」が7・09%、「聞いたことはあるが見たことはない」が71・35%、「1度見たことがある」が3・28%、「2度以上見たことがある」が16・77%、「1度書き込んだことがある」が0・48%、「2度以上書き込んだことがある」が1・04%というデータが示されています。

宮台 社会学者の辻大介氏が08年に998サンプルの統計調査を行い、ネトウヨの比率はネット利用者の1%弱だろうと推定しています。僕らがもっと多いはずだと感じるのは、ネトウヨが、テレビのような国民的メディアを占拠しているのではなく、2ちゃんねるの特定スレッドのようなタコツボ化したメディアで騒ぐからです。そうしたコミュニケーションの局域を眺めてネトウヨだらけだと感じられるには、1%という数字でも十分です。

神保 しかも、フタを開けてみたら実は騒いでいるのは数人しかいなかった、ということもあり得ると。

山口 その通りです。例えばツイッターのリプライが5000件ついていたら、それはかなり大きな炎上です。しかし、ひとりが1回書き込んだとしても、5000人にすぎない。さらに副アカウントなどもありますから、実はかかわっている人数はもっと少ない。それこそ数人でも炎上は引き起こせますし、0・5%という数字が大きいかどうかというのは、主観も入る非常に難しい問題です。

神保 ネット炎上の定義は、「ある人物や企業が発信した内容や行った行為について、ソーシャルメディアに批判的なコメントが殺到する現象」ということでよろしいでしょうか?

山口 そうですね。たまに「数字の基準はあるのか」というツッコミを受けますが、結論から言うとありません。ただ、「炎上」の年間発生件数を調査しているリスク管理会社があって――そのデータをもとにすると、だいたい年間400件、多く見積もって1000件くらいですが、こうした調査については、しっかり数字を定義して行われています。その会社が対象としているまとめサイトに載り、かつ50回以上ツイートされている、というようなものです。いずれにせよ、1日に1回以上は炎上が起こっている。

神保 中には“荒らし”的なものも入ってくるでしょうが、逆に炎上が起こったことで活発に議論が交わされたようなケースもあるのですか?

山口 炎上状態になっているものは、議論にならないというふうに観察しています。そこがひとつのポイントになっているのではないかと。

神保 なるほど。まともな議論が交わされているなら、それは炎上ではないと。

宮台 議論になるどころか、スクラム組まれて攻撃されたと感じて、炎上のネタにされた人は恐怖を覚えます。皆が一丸となったイジメの攻撃を受けているように感じます。

山口 かなり見られるコメントとして、「お前は何もわかっていない」というものがあります。それはもう議論じゃない。やはり建設的な意見は炎上状態ではありません。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年9月号

日本のタブー2017

日本のタブー2017
    • 【ハクソー・リッジ】はなぜ炎上?
    • 【フリーメイスン】ビジネスの裏側
    • 【ネタ消費】されるフリーメイスン
    • 世間を洗脳する【PR会社】の実像
    • 有名事案で暗躍した【PR会社】の功績
    • 【世界遺産】乱立の真相
    • 【福岡・北九州】相克の近代100年史
    • 九州で蠢く【闇ビジネス】の実相
    • 【七社会と麻生グループ】の癒着
    • 【ナマモノBL】は本当にタブーなのか?
    • 【福山雅治】もハマったBL妄想
    • 【音楽業界】の歌詞"自主規制"問題
    • キスもNG?保険ありきの【MV】事情
    • 【ぱちんこ】出玉規制強化に見る警察の本音
    • 【ぱちんこ】は北朝鮮の資金源か!?
    • 急増する【仮想通貨】詐欺の最前線
    • 【仮想通貨】誕生の背景
    • 【優生学】の歴史的背景と真実
    • 日本国内外の【優生保護法】
    • 【うんこドリル】から考えるミソジニー
    • 【うんこドリル】に見る哲学的例文集

チラリと見える和モノ写真進化考

チラリと見える和モノ写真進化考
    • 園都「B90センチGカップを隠しながら」

早乙女ゆう、食品サンプルとカラむ

早乙女ゆう、食品サンプルとカラむ
    • 【18歳の現役JD女優】禁断のカラみ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【小倉優香】運気上がってるんです。
    • 【早乙女ゆう】食品サンプルとカラむ!
    • 【萩原みのり】ゆずの「いつか」に涙する
    • プロで日本王座も獲ったボクシング選手
    • 俺が大丈夫って言えば【すず】はきっと大丈夫で
    • 日本の遅れた【IT】事情を改善する最後のチャンス
    • サブカルチャーの終焉を見た
    • 【田原総一朗】というジャンルが見せるトークの妙
    • 祭りと【フリースタイル】の相性
    • デイヴィッド・ヒュームの【人性論】を読む
    • 【モブ・ディープ】黄金期を支えた巨星墜つ
    • 世界はいま本当に【テロ】の時代か?
    • 謎の【スメリズム】は18世紀欧州の"気功法"!?
    • 『この世に私の居場所なんかない』義憤に燃える介護士の血みどろコメディ
    • 【ポスト安倍候補】が語る自民党の「これまで」と「これから」
    • 戦死者たちの肖像(上)
    • もやもや籠池劇場
    • 男にはマネできないこの回転!まわるバイブで未知の体験を
    • 【サプリ】「こじらせ女子」とは社会に立ち向かう女性たち
    • 「フェティポップ」とはなんぞや?
    • 【紀宮様の婚約会見】を振り返り、眞子様と小室さんの未来を占う
    • タブーすぎる野球裏話…幽霊、興行は清濁併せ呑む暇つぶし
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』