>   >   > 高須基仁の「全摘」/タレント志望の長谷川幸洋は恥を知るべき!
連載
お騒がせ男の"最初で最後の懺悔録"──高須基仁 の「全摘」 No.58

「東京新聞」の看板背負って会社批判!? タレント志望の長谷川幸洋は恥を知るべき!

+お気に入りに追加

──年齢不詳、職業不明、痛風持ち……老獪タカスが、自らの五臓六腑をすする気合で過激に告白&提言

1703_takasu_230.jpg
松方弘樹が亡くなった。かつて松方主演のVシネマ『不退の松葉』に私も出演した。1960年に起きた毎日新聞襲撃事件をモチーフに、新聞社社長役が梨元勝、週刊誌編集長役が私だった。

「東京新聞論説副主幹」という肩書でテレビ出演している長谷川幸洋。『そこまで言って委員会NP』(旧『たかじんのそこまで言って委員会』/読売テレビ系)では、“リベラルな東京新聞において、保守本道の私はほとんどパージされている”というようなことを言い、右派団体「日本会議」をベースにした発言を繰り返してきた。

 そんなやつが、あろうことかTOKYO MXの『ニュース女子』という番組でMCを務め、やしきたかじんの真似ごとをしている。同番組で横についているのは、私の大嫌いな西川史子女史と勝谷誠彦。勝谷はしどろもどろで、髪は私より真っ白、太った亡霊のよう。とても報道番組とはいえない、インチキの究極だ。

 こんなインチキ番組を放送していいのか、と私はMX関係者に何度も電話を入れた。だが、MXは「あれはテレビショッピングと一緒なんです」と言う。すなわち、スポンサーのDHCが番組枠を買い上げ、DHCのCS放送局「DHCシアター」と『そこまで言って委員会』の制作会社ボーイズが制作。MXはパッケージ化された番組を放送しているだけと言いたいようだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

人気記事ランキング
  1. 1やっぱり不倫はアウト! 全CMが放送中止で渡辺謙が大ピンチ!2017.5.17
  2. 2結局は国内向けのプロモーションに過ぎない!? 日本人アーティスト海外進出の皮算用とは!?2017.5.24
  3. 3あばれる君、イモトアヤコ、平野ノラ…生き残るのは誰だ? キャラ芸人を乱発するナベプロ――ブルゾンも使い捨て!? の育成戦略2017.5.17
  4. 4恐喝、根回し、ケタはずれのパワーゲーム……エージェント同士の殴り合いも!? ドンが牛耳った米国の芸能界2017.5.23
  5. 5佐々木希と渡部建の結婚に希望を見いだしている独身中年男性は、身のほどをわきまえるべきである。【佐々木】は希の風が吹く2017.5.23
  6. 6日本テレビの内定を断ったフジテレビのスーパールーキー・久慈暁子アナ“唯一の弱点”とは?2017.5.11
  7. 7お台場は今日も火事……河本準一の「生ポ」ネタでくりぃむ有田とフジがまた炎上2017.5.8
  8. 8【クロサカタツヤ×角 勝】“不作為”こそ罪 勘違いされたオープンイノベーションのまっとうな始め方2017.5.22
  9. 9成功の鍵は、圧力、妨害、そして根回し?マイケル・オーヴィッツによるハリウッド支配術2017.5.23
  10. 10【鈴木信也】ジャンプから消えたマンガ家はどうなる? 元ジャンプ作家が仕掛ける“穏やかな反撃”2017.5.24
Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年6月号

「教育勅語」とはなんだったのか?

「教育勅語」とはなんだったのか?
    • 【教育勅語】の歴史学
    • 【教育勅語】と天皇
    • 【教育勅語】口語訳全文

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」
    • 三上悠亜「アイドルになりたかった」

インタビュー

連載