>   > 【新連載】アッシュ・ハドソンのアングラ見聞録【1】/アメリカにはない【日本のSM】
連載
【新連載】アッシュ・ハドソンのアングラ見聞録【1】

【アッシュ・ハドソンのアングラ見聞録】アメリカにはない日本のSMプレイの技術

+お気に入りに追加

――カメラマン・デザイナー、そして親日家としても知られるアッシュ・ハドソン。そんな彼が自らが体験した日本の“アングラ文化”を詳細にレポート。

1702_ash_520.jpg
大阪「ウィタセクストピア」

 日本に来るようになって4年が経つ。俺はいつもハプニング・バーやセックス・クラブ、セクシー・マッサージなど、あまり人に知られていない場所を探索している。そこで日本人の友人もでき、日本のアンダーグラウンド・カルチャーについて知る機会も増えてきた。この号からスタートする当連載では、そんな日本で経験した出来事を、自分が生まれ育ったアメリカ文化との比較を交えながら、本誌読者にシェアしていくことで、日本の素晴らしさをレポートしていきたいと思う。

「面白いバーがあるから行こう」――ある日、クラブを経営するカメラマンの友人に誘われた。そのバーはアダルトショップなどが立ち並ぶ小さな歓楽街の一角に位置し、友人は経営する女性オーナー・SHIHOと旧知の仲のようだった。店のドアを開けると、細長くて薄暗い空間が広がっており、バーカウンターが目に入る。仕事帰りだろうか、至って普通のルックスのサラリーマン数人がグラスを傾けている。年齢は50~60代といったところか。しかし、バーカウンターの奥に目をやると、壁にはムチやマスクが飾られていて、天井からはフックが吊り下げられていた。その異様な空間はボンデージルームになっていた。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2017年4月号

悪法の研究――正義と法の歴史学

悪法の研究――正義と法の歴史学
    • 歴史で見る【悪法】のトリセツ
    • 【悪法】は司法でどう扱われるか?
    • 【悪法】誕生のカラクリ
    • 【法哲学者】が語る悪法対処法
    • 【刑法改正】は穴だらけ?

片岡沙耶と考える下着デザイン事情

片岡沙耶と考える下着デザイン事情
    • 男は知らない【下着事情】

連載