>   >   > 「刃牙」の筋肉を解剖!【2】/『刃牙』作中のエクストリーム筋肉名場面集

――「刃牙」ファンが驚愕した筋肉にまつわる名場面は数多く存在する。そのなかでも、特にエクストリームなシーンがこれらである!

1702_baki01_200.jpg

【1】人間双節棍(ヌンチャク)
[キャラクター] 範馬勇次郎&刃牙
勇次郎は刃牙を人間ヌンチャクにしてワゴン車を粉砕。「初撃で重さ2トンのワゴン車が半回転しますが、これは勇次郎が息子の体を時速590キロメートルでぶん回していた計算になり、刃牙の頭部には1300G(重力の1300倍の重力)という普通なら即死確実の遠心力が働いていたはず」(柳田氏)。そんな状況下で刃牙は自らの体で破壊されていくワゴン車の部品を集めて人形を作り、父にプレゼント。真に驚くべきは刃牙のタフネスか。
『範馬刃牙』板垣恵介/秋田書店/35巻より



ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

サイゾープレミア

2017年4月号

悪法の研究――正義と法の歴史学

悪法の研究――正義と法の歴史学
    • 歴史で見る【悪法】のトリセツ
    • 【悪法】は司法でどう扱われるか?
    • 【悪法】誕生のカラクリ
    • 【法哲学者】が語る悪法対処法
    • 【刑法改正】は穴だらけ?

片岡沙耶と考える下着デザイン事情

片岡沙耶と考える下着デザイン事情
    • 男は知らない【下着事情】

連載