>   >   > 気鋭の漫画家・チンズリーナが描く男の娘の世界/時代は射精より『ウ○チ』?
第1特集
気鋭の漫画家・チンズリーナが描く男の娘の世界

“男の娘”とのセックチュの時代に突入…だと!? 気鋭のマンガ家が提言!これからは射精よりウ○チがクる?

+お気に入りに追加

――10通りのオナニーがあれば、10通りのネタが存在する。それは似ているようで、似ていない。性癖は人それぞれ――そんななかエロマンガは、読者のニーズに応えるべく、時代と共に細分化しながら進化している。ここでは本誌が注目する新進気鋭のマンガ家にエロマンガの“今”を聞いた。

1702_koma001_300.jpg
最新刊『ボクはキミのメス化ノジョ』から「先生のオチンチンでボクの前立腺目覚めさせてぇ…♡」のルビ。前立腺は、時としてお姫様になるのである。

 本誌昨年のマンガ特集で、エロマンガ御三家(中西やすひろ、遠山光、みやすのんきの3氏)は、「自主規制が厳しい商業誌よりも、今はウェブや同人誌で支持を集めるマンガ家たちの間で、エロの文明は開化している」と話した。

 そこで、本稿に登場してもらうのは、まさに独自のアイデアと世界観で、エロの文明のみならず、作中に登場するキャラクターに菊の門まで開花させているマンガ家・チンズリーナ氏。ちなみに、その名前の由来は「エロ1本でやっていきたい」という決意から、「センズリ」に可愛らしさを付加したものである。

 氏が描くのは、男と男のエロ。しかし、あくまで(犯される側の)キャラクターのルックスは、少女マンガに登場するような可愛らしい女の子。人妻、団地妻、不倫、教師と生徒などといった、エロマンガにおける伝統的な禁断の設定にとらわれず、“男の娘”を題材にした、BLともまた趣向の異なる独特のエロ描写である。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年5月号

学校では習わない"日本のキリスト教"史

学校では習わない
    • スコセッシの【沈黙】は嘘だらけ!?
    • 宣教師と【キリシタン】の実態

姫乃たまグラビアと「アイドル限界説」

姫乃たまグラビアと「アイドル限界説」
    • 連続解散に見る【アイドル】の限界
    • 【里咲りさ】が語るグループの終わり方
    • 【姫乃たま】が語るアイドル3年周期説

連載