>   > P様の匣/【モンスター大陸】ブルースバンドと筋肉

――セッション仲間が集まったのが4年前。そこから怒涛のハイペースなリリースとライブを重ね、今やフェスで入場規制もかかるバンドが、2017年のブルースを奏でる!

1702_monstertairiku_520.jpg
(写真/永峰拓也)

 チャートをのぞいてはやりの音楽をチェックすれば、ダンスミュージックばかりが受けている昨今、打ち込みを多用した“踊れる”楽曲をつくるバンドも増加中である。その中にあって、高々と「ブルース」を掲げ、骨太すぎる音を鳴らす若きバンド、それがモンスター大陸だ。

 もともとセッションをして遊んでいた仲間が集まり、2012年に正式結成。以降、わずか3年でアルバム6枚をリリースし、フジロックフェスティバルやライジング・サン・ロックフェスティバルほか名だたるフェスに参加するなど着実に知名度を上げてきたが、16年、突如メンバーチェンジによる活動休止。新たなバンドスタイルを再構築し、今年からまた活動を本格的に再開する。前途洋々に見える彼らだが、メンバー全員20~30代前半の若さにして、ブルースバンドとして世に出たことには少なからず葛藤もあったという。

藤倉 「中学校くらいからおじさんたちに混じってブルースセッションをやってて、その流れでバンドを結成したんですが、気づいたら上の世代のファンも増えていて。それはそれでうれしいですけど、やっぱり同世代に受け入れてもらいたいという思いは強いですね」

千賀 「そうですね。ブルースだけの作品を押し付けようとは思ってないし、ここ最近の楽曲ではプログレ要素も入れたりすることで、同世代と一緒に騒げるようになってきたかな、と思ってます」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年8月号

大人のための「エロ」読本

大人のための「エロ」読本

チラリと見える和モノ写真進化考

チラリと見える和モノ写真進化考
    • 椿原愛「和製ミランダ・カーのチラリズム」

インタビュー

連載

    • 【RaMu】母を沖縄に連れて行きたいんです。
    • ハワイのボンダンスとフクシマオンドの故郷(後編)
    • 話題のユニット【PKCZ】独占インタビュー
    • 【岡田結実】RADWIMPSの歌詞に心打たれる
    • 不定期連載「東京五輪1964-2020」
    • 【渡辺麻友】は、AKBを卒業しまゆゆー!
    • 【日本人エンジニア】の未来と弱点
    • 高須基仁の「全摘」
    • 門外不出のトークショー【名倉潤】のテレビへの愛
    • 【喧嘩祭り】が根絶されない理由
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【TLC】史上最強の女性グループ15年ぶりの最終作
    • 【金塊強盗多発】に見る「警備会社」の歴史
    • 精神錯乱を【マラリヤ感染】で治癒せよ
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 【水道民営化】の目的は老朽化対策か海外事業参入か?
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/上からマユコ
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【ハッピー・マニア】が変えた日本人女性の結婚観
    • SNSでやりとりされるエロ写真や動画の真実
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』