サイゾーpremium  > 特集  > 本・マンガ  > 戦後70年以上経った今、どう描かれるのか【1】/日常を語る『戦争マンガ』の現在

――映像化された『この世界の片隅に』が異例のヒットを飛ばしている。同作は戦後生まれの作者が“戦争の日常”を描いており、戦中派/戦後派によって戦争マンガの設定や視点は異なるようだ。本稿ではこうした系譜を見ていきたい。

1702_senso1_230.jpg
声優に能年玲奈こと“のん”を起用したことでも話題に。

 アニメ映画『この世界の片隅に』の勢いは、年が明けても止まることを知らない。もともとはクラウドファンディングで一般の人から資金を募ったインディーズ作品で、上映も当初は63館にとどまっていたが、SNSなどでの評判が客を呼び、上映館が累計200館以上に拡大。観客動員も今年に入って75万人、興行収入10億円を突破している。

 太平洋戦争下の広島・呉を舞台に、絵を描くことが好きな少女すずが18歳で嫁ぎ、婚家の家族と送る日常を細やかに綴ったこの作品。原作の同名マンガはもともと「漫画アクション」(双葉社)に2007~09年にかけて連載されたものだ。

 09年に文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞。また11年にはドラマ化もされており、すでに高い評価を得ている作品だった。今回の映画のヒットを機に再び脚光を浴び、書店では平積みで大々的に売られるようになっている。広く支持され続けるこの作品の魅力はどこにあるのだろうか?

「『この世界の片隅に』では、戦時下の日常生活が、淡々と丁寧に描かれていくのですが、ある日その日常が失われる日がやってくる。『失われてつらい』ということを声高に主張することは決してしないけど、それまで彼らの生活を細やかに表現しているから、喪失感が読者に伝わる。その表現力が素晴らしいのだと思います」

 そう語るのは、マンガ家でマンガ評論の分野でも活躍しているいしかわじゅん氏。確かに『この世界の片隅に』では、すずが義理の姉につぎはぎだらけのもんぺを叱られ、古い着物を戦時下に合うように作り直すさまや、食料の配給が滞る中で、野草や梅干しの種、大根の皮といった限られた食材を工夫して料理する様子が細やかに描かれる。そこから伝わってくるのは、戦時下においても人々はそれぞれの日常を懸命に生きていたという事実であり、続いていくはずだった日々のかけがえのなさだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年8月号

中韓エンタメ(禁)大全

中韓エンタメ(禁)大全
    • ブルース・リーからBTSまで【中韓エンタメ受容史】
    • 【中国ヒップホップ】の潜在能力
    • 【K-POP製作陣】が語る日本の課題
    • 【BTS】が成功して少女時代がコケた理由
    • 芸能界革命【中国アイドル】ブーム
    • 乃木坂より良い!?【Cアイドル】6選
    • 国家も支援する中国の【食動画】とは?
    • この【食動画】が見たい!セレクション
    • 【中国ファッション界】急成長とリスク
    • 【中国アート】市場の成熟度
    • 【菊地成孔】フロイディズムが息づく物語
    • 【笛木優子】韓国で女優を志すきっかけ
    • 【韓流ぴあ編集長】恥部も暗部も映像化する底力
    • 【片山慎三】今の韓国映画の原型!?60年前のサスペンス
    • 【キム・ソンフン】隠蔽された民主化の歴史を追う
    • 社会問題化する【韓国ネット民】の闇
    • 今も根強い韓国国内の【地域差別】
    • Jリーグも完敗の【中国サッカー】
    • 【朝鮮族】をつなぐサッカー文化
    • 【カンフー映画】の盛衰と進化の旅
    • 極東【バイオレンス】映画祭
    • 急速に広がる【中国SF】の世界
    • 【中国映画】1兆円市場・真の良作
    • 【2.5次元ミュージカル】13億人が熱視線

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー
    • 【ジェナ】韓国の美モデル参上

NEWS SOURCE

    • レアル移籍の【久保建英】を狙う魑魅魍魎
    • 浜崎あゆみの二番煎じ!?【安斉かれん】て誰?
    • 【参院選】裏の見どころは「不正操作」?

インタビュー

    • 【井桁弘恵】令和初の仮面ライダー美少女
    • 【ゴジゲン】ずっと終わらない永遠の放課後
    • 【FNCY】ヒップホップのニュー・クラシック

連載

    • 【小倉優香】韓国の友達が多いんです。
    • 【日向カリーナ】ブラジル系モデルの古風な一面
    • 愛しさと、切なさと、【熊田曜子と】
    • スマホとSNS以降の【ネットの未来】
    • 【安藤寿康】人間は"教育"によって生かされている(前)
    • 高須基仁/【反社】との交際くらいで騒ぐな!
    • 己の殻を破る【ギャル】が祭に集う
    • 中国【ファッションアプリ】の裏事情
    • 【Lil Nas X】栄光と挫折と突然の告白
    • 町山智浩/【トム・オブ・フィンランド】ゲイ・カルチャーの革命家
    • 医師と大手メディアと【製薬会社】の利益相反
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/闇営業物語
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/『ホットギミック』"鈍い女"がモテる理由
    • LAのDJが懐古する【90年代のクラブシーン】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【都市計画】のスペシャリストがビールで街を盛り上げる!
    • 幽霊、殺されても咎人となるニート。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』