>   >   > 素人から単行本デビューも夢じゃない【1】/『ウェブ発エッセイマンガ』乱れ咲き

――ウェブから生まれたエッセイマンガが人気だ。pixivのような投稿サイトや出版社が運営するサイトのみならずブログやツイッターから商業デビューするパターンも。ウェブにマンガを公開して人気作家へ……という流れは、本当にバラ色のコースなのか!? 「ウェブエッセイマンガあるある」マンガと併せてお届け!

1702_webmanga_230.jpg
『鴻池剛と猫のぽんた ニャアアアン!』は、作者の個人サイトで連載されていた。

 こちらの記事で触れた通り、今マンガ業界は、がぜんデジタル市場に注力するようになっている。紙の雑誌と単行本の売り上げが下がる中で、ネットに活路を見いだすのは当然のことだろう。そしてネットからは、旧来のマンガ業界とは少し異なる文脈で作られた作品も誕生している。そのひとつが、ウェブ発のエッセイマンガだ。

 2015年に単行本化され、16年には続編が刊行された『鴻池剛と猫のぽんた ニャアアアン!』(KADOKAWAエンターブレイン)や、昨年立て続けに2冊が刊行された『うちの猫がまた変なことしてる。』(KADOKAWA)、同じく2冊を刊行した『腐女子のつづ井さん』(同)、あるいはさまざまなマンガ特集で話題になった『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』(イースト・プレス)など、これらはすべてネット上で発表されていた作品だ。それぞれツイッターやpixiv、自身のサイトなどで作者が公開していたものが人気を集めた結果、描き下ろしや改稿を加えて出版社から刊行されている。

 エッセイマンガに特化したウェブ媒体も誕生している。pixivが運営する「pixivコミック」内には「ピクシブエッセイ」なる別ページが設けられ、メディアファクトリーが運営する「コミックエッセイ劇場」、さらには集英社が運営し「ジャンプ」の名前が冠された「ふんわりジャンプ」など、各社が参入してきている。

「ウェブ発のエッセイマンガは、どこのプラットフォームが勝ち組というのはまだない状態だと思います。ツイッターでバズったかどうかが重要で、今ウェブの媒体で連載している人たちも、もとはツイッターで自由に上げていたものが出版社の目に留まるパターンが多い。ファンの数が見えやすいから、だったら声をかけて単行本に、と版元も動きやすい」(中堅マンガ出版社・編集者A氏)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

人気記事ランキング
  1. 1やっぱり不倫はアウト! 全CMが放送中止で渡辺謙が大ピンチ!2017.5.17
  2. 2結局は国内向けのプロモーションに過ぎない!? 日本人アーティスト海外進出の皮算用とは!?2017.5.24
  3. 3あばれる君、イモトアヤコ、平野ノラ…生き残るのは誰だ? キャラ芸人を乱発するナベプロ――ブルゾンも使い捨て!? の育成戦略2017.5.17
  4. 4恐喝、根回し、ケタはずれのパワーゲーム……エージェント同士の殴り合いも!? ドンが牛耳った米国の芸能界2017.5.23
  5. 5佐々木希と渡部建の結婚に希望を見いだしている独身中年男性は、身のほどをわきまえるべきである。【佐々木】は希の風が吹く2017.5.23
  6. 6日本テレビの内定を断ったフジテレビのスーパールーキー・久慈暁子アナ“唯一の弱点”とは?2017.5.11
  7. 7お台場は今日も火事……河本準一の「生ポ」ネタでくりぃむ有田とフジがまた炎上2017.5.8
  8. 8【クロサカタツヤ×角 勝】“不作為”こそ罪 勘違いされたオープンイノベーションのまっとうな始め方2017.5.22
  9. 9成功の鍵は、圧力、妨害、そして根回し?マイケル・オーヴィッツによるハリウッド支配術2017.5.23
  10. 10【鈴木信也】ジャンプから消えたマンガ家はどうなる? 元ジャンプ作家が仕掛ける“穏やかな反撃”2017.5.24
Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年6月号

「教育勅語」とはなんだったのか?

「教育勅語」とはなんだったのか?
    • 【教育勅語】の歴史学
    • 【教育勅語】と天皇
    • 【教育勅語】口語訳全文

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」
    • 三上悠亜「アイドルになりたかった」

インタビュー

連載