サイゾーpremium  > 連載  > クロサカタツヤのネオ・ビジネス・マイニング  > 『クロサカタツヤのネオ・ビジネス・マイニング』第37回「迫りくる教育の【2020年問題】」
連載
『クロサカタツヤのネオ・ビジネス・マイニング』第37回

【クロサカタツヤ×後藤健夫】迫りくる教育の「2020年問題」。真の問題は、マニュアルされた教師たち!?

+お気に入りに追加

通信・放送、そしてIT業界で活躍する気鋭のコンサルタントが失われたマス・マーケットを探索し、新しいビジネスプランをご提案!

1702_kurosaka_520.jpg
出典:共同通信より

目下、子育て中の親たちの注目を集めている、2020年に実施される大学入試改革と順次改訂される学習指導要領。学習指導要領が変わりアクティブラーニングが導入され、子どもは自分の知識を総動員して考えて問題を解決することを学んでいくことになるわけで、これまでの知識詰め込み型の教育は通用しなくなっていくのだ。これに対し、子どもだけでなく、そうした教育を受けてきた親や教師たちも、考えの転換を求められていくことになるが……。

クロサカ 以前、豊福さん【1】と現在進行中の教育改革について議論しましたが、今回はそれらの背景や、この変革で何が起きるかを、教育ジャーナリストの後藤さんに伺いたいと思います。

後藤 社会に対して日本の教育システムが追いつかなくなっているんですね。今の教育制度は60年代の高度成長期の勉強の仕方、つまり知識を詰め込んで効率的に物事を処理する方法を学ぶもの。ところがそれでは立ち行かなくなってきた。そこで文部科学省が「高大接続改革」【2】として抜本的に変えようとしているんです。

クロサカ 2020年からの大学入試改革と小学校から順次改訂される学習指導要領ですね。

後藤 はい。ちょうど今の中学2年生から大学入試が変わります。だから、それより下の世代は新しい入試にあった勉強をしないといけない。ところが学校教育の中身を決める学習指導要領が高校では22年に変わるんですね。だから、新しい入試にあった指導要領で高校3年間を学べるのは、今の小学4年生からになる。ここにギャップがある。この過渡期の子どもは、下の世代に追い越されてしまうことが明らかなんです。

クロサカ それって社会問題じゃないですか。制度的に過渡期ができてしまうのは、他の分野でも多少はあります。でも、今回は、今の中学2年生から小学5年生と明示できるくらいはっきり見えている。ゆとり教育世代と同じことになるんじゃないですか?

後藤 ゆとり教育は、主体的に目標を持つ子どもにとっては自ら選択できるところがよかったんです。でも、そうでないゆとり世代の多くが教育制度に対して未だに文句を言っている。自分たちが受けた教育が悪いと言い続けるのは簡単だけど、それを言っている間に次の世代に追い抜かれちゃう。今の中学2年生から小学5年生は、追い抜かれないために新しい教育を意識して努力しないといけない。

クロサカ 一方で、ゆとり教育を受けてきた今の20代前半にはグローバルに活躍しているスポーツ選手が多いです。これだけ飛び抜けているのは、ゆとり教育のよい面が無視できないですよね。でも、それはかなり限られた人。今度の教育改革において、そうではない人はどうすればいいんですか?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2018年12月号

禁断の映画と動画

禁断の映画と動画
    • 【ライブ配信】儲けのカラクリ
    • 【本田翼】もハマるゲーム実況
    • 決定!2018年【邦画ラジー賞】
    • 【アジア系】が逆襲するハリウッド
    • 注目のハリウッド【アジア系俳優】
    • 【片山萌美】ショーガールグラビア
    • 俳優に責任を問う【報道の愚行】
    • 【自主制作映画】の現場からの悲鳴
    • 【小川紗良×堀田真由】映画大討論会
    • Netflix産【ヒップホップ映像】の社会性
    • 傑作【ヒップホップ】動画10選
    • 【ネトフリ×ヒップホップ】作品レビュー
    • 映画・ドラマ【サントラ】の裏事情
    • ネトフリの【麻薬ドラマ】のリアル度
    • 奇想天外【アフリカ】の忍者映画
    • 世界は【忍者】をどう描いたか?
    • 【深夜アニメの劇場版】が儲かる不思議
    • 劇場版アニメに見る【ポストジブリ】争い
    • 【ジャニーズ】がキラキラ映画で失敗する理由
    • 意外と面白い【キラキラ映画】レビュー
    • 【中東情勢の今】がわかる映画
    • 【芸能プロ】に映画監督が所属する理由

"異能作家"たちが語る「文学、新宿、朗読」論

    • 【石丸元章×海猫沢めろん×MC漢×菊地成孔】対談

NEWS SOURCE

    • タッキーも初出場?【紅白&レコ大】芸能行政
    • 【佐伯泰英】がご乱心?作家と遺産問題
    • 【電力自由化】後の不公平な業界構造

インタビュー

    • 【奥山かずさ】ニチアサで躍進した女優の未来
    • 【TENG GANG STARR】新鋭の男女ユニットラッパー
    • 【ガリットチュウ福島】モノマネ芸人、写真集までの歩み

連載

    • 【橋本梨菜】ギャル男をマネタイズしたいんです。
    • 【RaMu】YouTubeで人気の美女が泡まみれ
    • 【ダレノガレ】は突然に
    • 日本の【AI市場】と日本企業のAI導入の真実
    • 【オスカー社員】が大量退社で瓦解!?
    • 祭事的【渋谷ハロウィン】分析
    • 【出前アプリ】を支えるライダーたちの過酷な日常
    • 【フレディー・マーキュリー】の一生
    • 町山智浩/『ボーイ・イレイスド』ゲイの息子と神のどちらを選ぶのか?
    • ジャーナリスト殺害事件で変わる【サウジ】の覇権
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/それがジュリー
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【カーネーション】フェミ論点全部乗せの名作朝ドラ
    • 「俺たちの人生は死か刑務所だ」ギャングの豪快な人生
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【山陰】でビール造りに励む男
    • 【薔薇族】刊行で去っていく友と、死を恐れぬ編集者
    • 幽霊、紅衛兵たちのアニメ映画興行。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』