>   >   > 【箱根駅伝】ルール改悪の裏側
ニュース
正月の風物詩には棄権がいっぱい!?

途中棄権者急増! 【箱根駅伝】ルール改悪と学連VS警察の攻防戦

+お気に入りに追加

正月の風物詩には棄権がいっぱい!?

正月の風物詩ともいえる箱根駅伝。関東圏の大学のみが出場するこの競技会だが、全国放送され視聴率も高い。一方で、数年前から途中棄権者の数が増加傾向にあり、競技者側からはルールの見直しが求められているが……。

1702_ns02s.jpg
『第93回箱根駅伝速報号 2017年 02月号』(ベースボールマガジン社)

 第93回となる箱根駅伝が今年も開催され、第92回大会の上位10校(シード校)と、2016年10月に行われた予選会の上位10校に加え、関東学生連合選抜チームを合わせた全21チームが参加した。総合優勝を果たした青山学院大は同校史上初、全体では6校目となる3連覇を成し遂げている。独占放送権を持っている日本テレビの中継では、関東地区の平均視聴率で往路27・2%、復路28・4%、瞬間最高視聴率では往路・復路共に30%を超えるなど、テレビ離れが進む昨今にあって、それでも正月の風物詩としての存在感は、健在なようだ。

 一方で、今年はいくつか運営上のトラブルが起こり、一部で問題となっていることをご存じだろうか?

 例えば3日の復路、ゴール地点の手前にある日比谷交差点(東京・千代田区)で、交通規制が適切に行われず、神奈川大学の選手が車にはねられそうになっていたのだ。各紙の報道によれば、現場の交通規制を担当している警視庁は、「原因は担当者間の連携ミスである」とし、「再発防止に努める」とのコメントを発表。箱根駅伝を主催する関東学生陸上競技連盟も「これまでの大会でこのようなことはなかった」と、憤りをあらわにしているようだ。もちろん、競技中に選手が交通事故にでも遭おうものなら、来年以降の開催も危ぶまれる。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

人気記事ランキング
  1. 1やっぱり不倫はアウト! 全CMが放送中止で渡辺謙が大ピンチ!2017.5.17
  2. 2結局は国内向けのプロモーションに過ぎない!? 日本人アーティスト海外進出の皮算用とは!?2017.5.24
  3. 3あばれる君、イモトアヤコ、平野ノラ…生き残るのは誰だ? キャラ芸人を乱発するナベプロ――ブルゾンも使い捨て!? の育成戦略2017.5.17
  4. 4恐喝、根回し、ケタはずれのパワーゲーム……エージェント同士の殴り合いも!? ドンが牛耳った米国の芸能界2017.5.23
  5. 5佐々木希と渡部建の結婚に希望を見いだしている独身中年男性は、身のほどをわきまえるべきである。【佐々木】は希の風が吹く2017.5.23
  6. 6日本テレビの内定を断ったフジテレビのスーパールーキー・久慈暁子アナ“唯一の弱点”とは?2017.5.11
  7. 7お台場は今日も火事……河本準一の「生ポ」ネタでくりぃむ有田とフジがまた炎上2017.5.8
  8. 8【クロサカタツヤ×角 勝】“不作為”こそ罪 勘違いされたオープンイノベーションのまっとうな始め方2017.5.22
  9. 9成功の鍵は、圧力、妨害、そして根回し?マイケル・オーヴィッツによるハリウッド支配術2017.5.23
  10. 10【鈴木信也】ジャンプから消えたマンガ家はどうなる? 元ジャンプ作家が仕掛ける“穏やかな反撃”2017.5.24
Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年6月号

「教育勅語」とはなんだったのか?

「教育勅語」とはなんだったのか?
    • 【教育勅語】の歴史学
    • 【教育勅語】と天皇
    • 【教育勅語】口語訳全文

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」
    • 三上悠亜「アイドルになりたかった」

インタビュー

連載