サイゾーpremium  > 連載  > 法“痴”国家ニッポン  > 【いじめ情報共有義務づけ】刑法の限界と政府が探る第3の道
連載
法社会学者・河合幹雄の法痴国家ニッポン【51】

【いじめ情報共有義務づけ】いじめ加害者を「殺人犯」にできない刑法の限界と、政府が探る“第3の道”

+お気に入りに追加

法と犯罪と司法から、我が国のウラ側が見えてくる!! 治安悪化の嘘を喝破する希代の法社会学者が語る、警察・検察行政のウラにひそむ真の"意図"──。

今月のニュース

1701_kaisetu_250.jpg

いじめ情報共有義務づけ
2016年8月、青森県で中学生の男女が相次いで自殺するなど、後を絶たないいじめによる“重大事態”。それに対して文部科学省のいじめ防止対策協議会は16年10月、いじめ情報の共有は法で定められた公立学校の教職員の義務であり、怠った場合には懲戒処分となり得ることを周知する、などの取りまとめ案を提示している。


「横浜・避難生徒いじめ『被害150万円』学校動かず」(「毎日新聞」2016年11月17日付)

「青森中2女子の遺書を遺族が公開『いじめてきたやつら、二度としないで』」(「SANSPO.COM」16年8月30日付)

 繰り返される、学校現場でのいじめによる重大事件。そのつど巷では、厳しい刑事罰を求める議論が加熱し、いじめは犯罪である、とのお題目が繰り返されます。被害者がいじめを苦に自殺したのなら、それは加害者やその周囲に殺されたも同然だ、と。

 もちろんそうした市民感情は理解できなくはない。いじめを受けた経験のある人や、子育て中の親ならなおさらでしょう。しかし法の専門家からすると、いじめの加害者やその周囲を刑法で裁き刑事罰を下すのはきわめて困難です。それはなぜなのか? 今回は、刑法システムといじめ問題との“距離の遠さ”を解説しつつ、では、代わりにどのような抑止システムがあり得るかについて考察してみましょう。

 いじめを刑事司法で扱いづらい最大の理由。それは、いじめというものの大部分が、証拠の残らない間接的な攻撃、つまり犯罪として立証できない行為であるということです。もちろんいじめの中には、直接的な“犯罪行為”も存在する。たとえば冒頭で引用した横浜市の事件のような多額の金を脅し取られたケースなら、恐喝罪を適用し得るでしょう。

 しかし、そうした証拠の残る物理的な行為は、現実にはいじめのほんの一部です。むしろいじめの大半は、恒常的な悪口や無視、仲間外れなどの間接的、心理的な攻撃で占められている。ゆえに、たとえそうした行為と自殺との因果関係が明らかであるように見えても、多くの場合、それを証明する手立てはない。また、加害者が直接手を下して殺害したわけではない以上、殺人罪では立件できない。刑事上、死因はあくまで“自殺”なのです。せいぜい、加害者によるSNS上の「死ね」などの書き込みを証拠として、自殺教唆罪を問えるかどうかでしょう。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2018年12月号

禁断の映画と動画

禁断の映画と動画
    • 【ライブ配信】儲けのカラクリ
    • 【本田翼】もハマるゲーム実況
    • 決定!2018年【邦画ラジー賞】
    • 【アジア系】が逆襲するハリウッド
    • 注目のハリウッド【アジア系俳優】
    • 【片山萌美】ショーガールグラビア
    • 俳優に責任を問う【報道の愚行】
    • 【自主制作映画】の現場からの悲鳴
    • 【小川紗良×堀田真由】映画大討論会
    • Netflix産【ヒップホップ映像】の社会性
    • 傑作【ヒップホップ】動画10選
    • 【ネトフリ×ヒップホップ】作品レビュー
    • 映画・ドラマ【サントラ】の裏事情
    • ネトフリの【麻薬ドラマ】のリアル度
    • 奇想天外【アフリカ】の忍者映画
    • 世界は【忍者】をどう描いたか?
    • 【深夜アニメの劇場版】が儲かる不思議
    • 劇場版アニメに見る【ポストジブリ】争い
    • 【ジャニーズ】がキラキラ映画で失敗する理由
    • 意外と面白い【キラキラ映画】レビュー
    • 【中東情勢の今】がわかる映画
    • 【芸能プロ】に映画監督が所属する理由

"異能作家"たちが語る「文学、新宿、朗読」論

    • 【石丸元章×海猫沢めろん×MC漢×菊地成孔】対談

NEWS SOURCE

    • タッキーも初出場?【紅白&レコ大】芸能行政
    • 【佐伯泰英】がご乱心?作家と遺産問題
    • 【電力自由化】後の不公平な業界構造

インタビュー

    • 【奥山かずさ】ニチアサで躍進した女優の未来
    • 【TENG GANG STARR】新鋭の男女ユニットラッパー
    • 【ガリットチュウ福島】モノマネ芸人、写真集までの歩み

連載

    • 【橋本梨菜】ギャル男をマネタイズしたいんです。
    • 【RaMu】YouTubeで人気の美女が泡まみれ
    • 【ダレノガレ】は突然に
    • 日本の【AI市場】と日本企業のAI導入の真実
    • 【オスカー社員】が大量退社で瓦解!?
    • 祭事的【渋谷ハロウィン】分析
    • 【出前アプリ】を支えるライダーたちの過酷な日常
    • 【フレディー・マーキュリー】の一生
    • 町山智浩/『ボーイ・イレイスド』ゲイの息子と神のどちらを選ぶのか?
    • ジャーナリスト殺害事件で変わる【サウジ】の覇権
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/それがジュリー
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【カーネーション】フェミ論点全部乗せの名作朝ドラ
    • 「俺たちの人生は死か刑務所だ」ギャングの豪快な人生
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【山陰】でビール造りに励む男
    • 【薔薇族】刊行で去っていく友と、死を恐れぬ編集者
    • 幽霊、紅衛兵たちのアニメ映画興行。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』