>   >   > オワコン松嶋菜々子を主演にするフジの末期的キャスティング能力
1612_matsushima.jpg
TBS『砂の塔』公式HPより

 2017年に放送されるスペシャルドラマ『女の勲章』(フジテレビ系)に松嶋菜々子が出演することが決定し、「ついに禁断の果実にまで手を出したか」と業界が騒然となっている。

「近年のフジテレビのドラマは大コケ続き。出演した俳優は商品価値が暴落するとあって、オファーを拒否する事務所が続出しています。最近でも竹野内豊と瑛太が次期月9の出演にNOを突き付けていたことが話題となりました。もはやフジテレビのドラマに出演することは、役者サイドにはリスクこそあれ、なんのメリットも感じられないところまできてしまっています」(テレビ関係者)

 今作はこれまで数々のヒットを生み出した山崎豊子の原作とあって、低迷しているフジテレビとしては起爆剤にしたいところだろう。ところが、他局のプロデューサーの目は冷ややかだ。

「松嶋といえば、11年の『家政婦のミタ』(日本テレビ系)の最終回が視聴率40%超えを記録したイメージから今でも数字を持っていると思われがちですが、3年ぶりの連ドラ主演となった7月期の『営業部長 吉良奈津子』(フジテレビ系)は視聴率5%台の回もあるなど大コケ。さらに10月期の『砂の塔』(TBS系)で演じた悪役が大不評。初回の9.8%から視聴率が右肩下がりとなるなか、松嶋の出演シーンを減らしたところ急回復しました。彼女がかつてのように数字を持っていないことは今やドラマ関係者なら誰もが知っていることですが、それでも起用せざるをえないフジテレビのキャスティング能力のなさは末期的です。こうしてドツボにハマっていくんでしょうね」

 フジテレビの爆死ループは来年も続きそうだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年6月号

オトナの写真学

オトナの写真学

忍野さら"暗室"グラビア

忍野さら
    • 【忍野さら】の危険な部分にレンズが迫る

インタビュー

連載

    • 【日向カリーナ】筑前煮が好きなんです。
    • 【優木まおみ】アイドルから教わる初心
    • 【原あや香】モグラ女子の謎の習慣
    • パラリンピック1964-2020
    • 【彩芽】とスキャンダル
    • 漫画村が開けた「ブロッキング」のヤバさ
    • 高須基仁の「全摘」
    • 異様な空気が高揚を促す【奇祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【ミシェル・ンデゲオチェロ】丸刈り才女の面目躍如
    • 【森友文書改ざん】法務省が抱えた積年の恨み
    • 統合失調症や自閉症は【母親】のせい!?
    • 町山智浩/『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』正義のラケットで女生憎悪を打ち砕け!
    • 【フェイスブック】個人情報商用利用の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/燃える宇船
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【星野源】ドラえもんの歌詞の妙技
    • ガンズ・アンド・ローゼズTシャツをめぐる裏話
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、性からの逃走に聖痕の闘争を。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』