>   >   > オワコン松嶋菜々子を主演にするフジの末期的キャスティング能力
1612_matsushima.jpg
TBS『砂の塔』公式HPより

 2017年に放送されるスペシャルドラマ『女の勲章』(フジテレビ系)に松嶋菜々子が出演することが決定し、「ついに禁断の果実にまで手を出したか」と業界が騒然となっている。

「近年のフジテレビのドラマは大コケ続き。出演した俳優は商品価値が暴落するとあって、オファーを拒否する事務所が続出しています。最近でも竹野内豊と瑛太が次期月9の出演にNOを突き付けていたことが話題となりました。もはやフジテレビのドラマに出演することは、役者サイドにはリスクこそあれ、なんのメリットも感じられないところまできてしまっています」(テレビ関係者)

 今作はこれまで数々のヒットを生み出した山崎豊子の原作とあって、低迷しているフジテレビとしては起爆剤にしたいところだろう。ところが、他局のプロデューサーの目は冷ややかだ。

「松嶋といえば、11年の『家政婦のミタ』(日本テレビ系)の最終回が視聴率40%超えを記録したイメージから今でも数字を持っていると思われがちですが、3年ぶりの連ドラ主演となった7月期の『営業部長 吉良奈津子』(フジテレビ系)は視聴率5%台の回もあるなど大コケ。さらに10月期の『砂の塔』(TBS系)で演じた悪役が大不評。初回の9.8%から視聴率が右肩下がりとなるなか、松嶋の出演シーンを減らしたところ急回復しました。彼女がかつてのように数字を持っていないことは今やドラマ関係者なら誰もが知っていることですが、それでも起用せざるをえないフジテレビのキャスティング能力のなさは末期的です。こうしてドツボにハマっていくんでしょうね」

 フジテレビの爆死ループは来年も続きそうだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2017年2月号

過激な「マンガ」読本

過激な「マンガ」読本

"経済予測記事"はなぜハズれるのか?

    • 【経済予測記事】はご都合主義?
    • 経済学者が語る【金融緩和バトル】
    • 経済誌【制作の舞台裏】

カルチャー化する"メンヘラ"の謎

カルチャー化する
    • 【青山ひかる】が病みかわコス!
    • カジュアル化する【病み】
    • 【松永天馬】が語るメンヘラ

インタビュー

連載

    • 【平嶋夏海】もう少し遊びたかったんです。
    • 【山崎真実】Dカップの無為自然
    • MoeにKoiする5秒前
    • 大統領選を揺るがした【フェイクニュース】
    • 迫りくる教育の【2020年問題】
    • 高須基仁の「全摘」
    • 人はなぜ【忘年会】を開くのか?
    • 南米のマツリ・ダンス文化
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 月刊カルチャー時評/『真田丸』
    • 【ア・トライブ・コールド・クエスト】黒人音楽の常識を変えた!
    • 【恒例運転者事故続発】誤ったイメージ醸成の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 『男子の生き様』俳優・宮城紘大
    • 増える依存症と経営赤字【カジノ法案】の真実
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/プーチン最強伝説
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【紙の月】女の正義は状況や気分によって容易に更新される
    • 磯部涼の「川崎」
    • アメリカにはない【日本のSM】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 花くまゆうさくの「カストリ漫報」