>   >   > 壮絶シャーマンと【アヤワスカ】体験記

――日本では違法ドラッグとして事実上、人体への摂取を目的とした販売などが禁止されているアヤワスカ。本稿記者が現地で体験した壮絶なその作用とは?

1701_kusa_column1_230.jpg
アヤワスカの儀式に参加する筆者(奥)。右の男性がシャーマンで、手に持っているペットボトルの中身がアヤワスカ。

 こちらの記事の中で紹介したアヤワスカを、筆者もたまたま体験したことがある。3年前、ペルーにおけるアマゾン観光の拠点・イキトスでのことだ。現地のツアー会社で400ドルほど支払い、船でアマゾン川をさかのぼること丸一日。到着したのは住民数が30人にも満たない、ジャングルに囲まれた集落だった。

 儀式は真夜中から始まった。地べたにあぐらをかき、シャーマンと向き合うとくすんだオレンジ色の液体を渡される。アヤワスカだ。おそるおそる口に含むと凄まじい苦味と渋味が広がった。大量のタバコと渋柿を限界まで煮出したらこんな味かもしれない。飲み干すのを見届けると、シャーマンは無言のままマラカスのような民族楽器をゆっくりと振り始める。一定のリズムに耳を傾けていると、次第に強烈な吐き気がこみ上げてきた。なるべく我慢するように言われていたが、限界が訪れ、後ろを向いて地面に盛大に嘔吐した。顔を上げると、世界が一変していた。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年6月号

オトナの写真学

オトナの写真学

忍野さら"暗室"グラビア

忍野さら
    • 【忍野さら】の危険な部分にレンズが迫る

インタビュー

連載

    • 【日向カリーナ】筑前煮が好きなんです。
    • 【優木まおみ】アイドルから教わる初心
    • 【原あや香】モグラ女子の謎の習慣
    • パラリンピック1964-2020
    • 【彩芽】とスキャンダル
    • 漫画村が開けた「ブロッキング」のヤバさ
    • 高須基仁の「全摘」
    • 異様な空気が高揚を促す【奇祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【ミシェル・ンデゲオチェロ】丸刈り才女の面目躍如
    • 【森友文書改ざん】法務省が抱えた積年の恨み
    • 統合失調症や自閉症は【母親】のせい!?
    • 町山智浩/『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』正義のラケットで女生憎悪を打ち砕け!
    • 【フェイスブック】個人情報商用利用の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/燃える宇船
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【星野源】ドラえもんの歌詞の妙技
    • ガンズ・アンド・ローゼズTシャツをめぐる裏話
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、性からの逃走に聖痕の闘争を。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』