サイゾーpremium  > 特集  > 社会問題  > 大麻どころじゃない!世界の【良薬】

――南米やアジア、アフリカの発展途上国では、今でも独自の薬草などを使用した医療や呪術が執り行われている。そうした薬草は麻薬に近い効能もあり、一歩間違えれば死に至るわけで、各国でも規制されている場合がほとんどだ。とはいえ、西洋の倫理や法医学でこうした風習を規制してよいものだろうか?

1701_kusa01_230.jpg
まるで『DASH島』((c)TOKIO)みたいな様子だが、そのキマり方たるや、半端ないというアヤワスカ。

 16年11月7日、スペイン語圏のニュースサイト「CORRECO」が掲載した記事にはこんな見出しが躍っていた。「観光客、アヤワスカで死亡」。南米ペルーの都市クスコで行われていた、アヤワスカを用いた儀式のさなかでの悲劇だった。

 アヤワスカとは何か。アマゾン川流域に自生するキントラノオ科・バニステリオプシス属植物のことで、インディオたちはそれを煮出した汁を飲むことで宗教儀式や伝統医療などを行う。だが、この植物にはもうひとつの顔がある。世界最強の幻覚ドラッグだ。一説に麻薬として有名なLSDの数百倍もの効果を持つとされ、それを飲んだ者は「生きたままあの世に行ける」「宇宙の真理に到達できる」とすらいわれる。ヘロイン中毒だったことで知られる作家ウィリアム・バロウズと詩人アレン・ギンズバーグが奇書『麻薬書簡』(再現版が河出文庫で発売)で紹介して以来、この幻の植物を求めて多くの人々がアマゾンに旅立っていった。

 ところで現在、「植物由来のドラッグ」といえば、真っ先に思い浮かぶのは大麻だろう。だが、世界を見渡せばそれをはるかに超越する効果を持つものや、効果の方向性が違えども、比肩するような身体的影響を持つものが存在し、その多くは規制されることなく使用されているのだ。

死亡例も多数!悪徳業者の“薬草”ツアー

「幻の植物」と呼ばれたアヤワスカだが、近年はそれを取り巻く状況が変わりつつある。その話題性からたびたびメディアに登場するようになり、現地では旅行者にアヤワスカを体験させるツアー会社が乱立しているという。南米の事情に詳しい作家・カルロス矢吹氏は語る。

「11月に死亡した女性も体験ツアーの参加者だったようです。アヤワスカは、一説によると数千年間もアマゾンの原住民たちの間で用いられてきたといいます。強烈な幻覚や多幸感が伴うと聞きますが、快楽目的ではなくあくまで宗教儀式のためのもの。しかし、近年では興味本位の外国人旅行者が、日本のお寺で座禅ツアーに参加するような感覚で殺到している。料金は2泊3日のツアーで200~300ドルとそれほど高額ではありませんが、問題はきちんと危機管理のできないツアー会社が多いことです」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年3月号

欲望の美人学

欲望の美人学
    • 【美人コンテンツ】炎上考現学
    • 複雑化する【ミスコン】批判の論点
    • 【ミス・ユニバース】の問題点
    • 【世界で最も美しい顔】の胡散臭さ
    • 【柳美稀】が魅せた美グラビア
    • 進化する【美ジネス】の最前線
    • 【整形大国・韓国】の顔採用事情
    • 【ブス作品】とルッキズムの関係
    • 傑作【ブス主人公】作品レビュー
    • 【スダンナユズユリー】がネオ・レディースに!
    • 【ディスニー・プリンセス】変遷の記録
    • 【キリスト教】の女性受容史
    • 【日本酒と美人】の意外な歴史
    • 知っておくべき【5大美人酒】
    • 【地域別美人言説】の謎を追う!
    • 【ジブリヒロイン】芸能界ドラフト会議

乃木坂46・斉藤優里のパジャマパーティ

乃木坂46・斉藤優里のパジャマパーティ
    • 乃木坂の太陽【斉藤優里】が登場!

NEWS SOURCE

    • 自民党と【創価学会】の不協和音
    • 【沢田研二】だけじゃない空席問題
    • 脆弱な日本の【サイバーセキュリティ】

インタビュー

    • 【是永瞳】大分から来た高身長ガール
    • 【六道寺】特攻服のママさんシンガー
    • 【ちぃたん☆】絶賛炎上中のゆるキャラ

連載

    • 【園都】サウナーなんです。
    • 【平嶋夏海】美尻アイドルの偏愛録
    • 【88rising】世界戦略の真実
    • 深キョン熱愛ショック!【恭子から俺は!!】
    • 世界中で議論される【AIと倫理】
    • 高須基仁/【エロ】の匂いを消すこの国に抗う
    • 映画【盆唄】に見る人々のたくましさ
    • 【ファーウェイ】創業者の素顔を追う
    • 【ブラック・クランズマン】に思うファンクとディスコの70年代
    • 町山智浩/【バイス】ブッシュを操る副大統領
    • 厚労省の【不正統計問題】と統計軽視の代償
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人/【嵐】の夜に
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 稲田豊史/希代のマーケター【西野カナ】
    • 【アッシュ×スラッシュ】実弟が聞くキワどい話
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • ニコタマに地ビールを!【ママ友】たちの挑戦
    • 伊藤文學/【新世代ゲイ雑誌】の価値観
    • 更科修一郎/幽霊、【サイコパス】に救われたい人々。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』