>   > 【祈り】の対象としての春画
1612_tukiokasessyu_520.jpg
天明8(1788)年頃『婚礼秘事袋』月岡雪鼎
「火除け」になるとされた月岡雪鼎には墨摺のこんな作品も。江戸中期の人である彼は「パロディの人」として知られ、「結婚指南書」的なものを装いながら、夫婦の交合場面を滑稽に描いている。(国際日本文化研究センター所蔵)

 明治維新の混乱期を切り抜けた日本は、1894(明治27)年の対清戦争、1904(明治37)年の対露戦争へと突入する。そのとき兵士の懐中には春画があったともいわれているのだ。

 春画には芸術やポルノといった意味合いのほか、ある種の信仰の対象としての側面もあった。あるときにはそれは、一種の「魔除け」のような意味も持つ。戦国期、当時の春画は、兜に入れておくと弾除けになると伝えられていたという。

「春画に描かれている性の喜びとあたたかい笑いが、生命の源でありパワーになると捉えられていたのでしょう。江戸中期から後期にかけて活躍した月岡雪鼎の絵は、火事を防ぐ火除けとして重宝されたりもしていました」(木下氏)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2017年2月号

過激な「マンガ」読本

過激な「マンガ」読本

"経済予測記事"はなぜハズれるのか?

    • 【経済予測記事】はご都合主義?
    • 経済学者が語る【金融緩和バトル】
    • 経済誌【制作の舞台裏】

カルチャー化する"メンヘラ"の謎

カルチャー化する
    • 【青山ひかる】が病みかわコス!
    • カジュアル化する【病み】
    • 【松永天馬】が語るメンヘラ

インタビュー

連載

    • 【平嶋夏海】もう少し遊びたかったんです。
    • 【山崎真実】Dカップの無為自然
    • MoeにKoiする5秒前
    • 大統領選を揺るがした【フェイクニュース】
    • 迫りくる教育の【2020年問題】
    • 高須基仁の「全摘」
    • 人はなぜ【忘年会】を開くのか?
    • 南米のマツリ・ダンス文化
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 月刊カルチャー時評/『真田丸』
    • 【ア・トライブ・コールド・クエスト】黒人音楽の常識を変えた!
    • 【恒例運転者事故続発】誤ったイメージ醸成の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 『男子の生き様』俳優・宮城紘大
    • 増える依存症と経営赤字【カジノ法案】の真実
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/プーチン最強伝説
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【紙の月】女の正義は状況や気分によって容易に更新される
    • 磯部涼の「川崎」
    • アメリカにはない【日本のSM】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 花くまゆうさくの「カストリ漫報」