>   >   > 世界各国の【プロパガンダ映画】

――国民に政治的思想を植えつけるために製作されるプロパガンダ映画は、国家によるマインドコントロールの代名詞ともいえる。しかし、国の事情によっては製作を通じて映画産業が発展したり、逆に体制批判に利用されることもある。そこで、今回は世界各国で制作されているプロパガンダ映画の本質に迫りたい。

1612_propbks.jpg
『たのしいプロパガンダ』(イースト新書Q)

 二度の世界大戦に米ソ冷戦。そんな動乱の20世紀に発達した映画というメディアは、民衆をコントロールするプロパガンダのツールとして国家にたびたび利用されてきた。特に、戦争の主役であった日独米ソでは『戦艦ポチョムキン』(1925年・ソ)、『意志の勝利』(34年・独)、『汝の敵日本を知れ』(45年・米)など、数多くの作品が生み出され、それぞれの勢力圏に多大な影響を与えたといわれている。

 近現代史研究家の辻田真佐憲氏によれば、そもそもプロパガンダとは「政治的かつ組織的な宣伝行為であり、最新の娯楽を取り入れる傾向がある」とのこと。大戦から冷戦期にかけて、映像メディアの主役は徐々に映画からテレビへと移行したが「テレビの普及が遅れた国や、メディア規制の厳しい国では依然として映画が強い影響力を持っていました」(同)という。そのような性質を持つ国々の多くに共通するのは、共産主義の独裁体制であるということだ。今回は、閉じられた国家で独自の発展を遂げた“知られざるプロパガンダ映画の事情”にスポットを当てていく。

 まず、身近なところで該当する国を考えると、北朝鮮と中国はどうしても外せない。この二国の映画について、アジア映画史を専門とする明治学院大学の門間貴志准教授はこう語る。

「どちらも反米・反日・反資本主義で一致する独裁国家ですから、その思想に準じた作品が多いです。ただ、意外なことに権力批判をする作品も存在するんですよ。たとえば北朝鮮の『わが家の問題』という作品では、働き者で評判だった郵便局長が妻にそそのかされ、不正に手を染めていく様子が描かれています。映画を通じて、このクラスの役人なら批判しても大丈夫ということを暗に伝えているわけですね。また、60年代に起こった文化大革命で映画産業に深刻な打撃を受けた中国では、まず文革を否定することから業界の復興が始まりました。といっても、元凶である毛沢東の批判には至らないんですけどね」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年11月号

ファッション(禁)コレクション2017

ファッション(禁)コレクション2017
    • 【タレントブランド】の内情と成否
    • 【Supreme×ヴィトン】コラボの裏側
    • 【ダニエル・ウェリントン】バカ売れの謎
    • 【裏原系】人脈のその後
    • 【遠山茜子】B-GIRLになる!
    • 【インスタグラマー】の熾烈な戦い
    • 【IT】が進むファッション業界の未来
    • インスタの太鼓持ち【女性ファッション誌】
    • 【デーブ・スペクター】が語るトランプのスーツ
    • 【メラニア夫人】への衣装提供拒否の裏側
    • 【ZOZO】の好きな所、嫌いな所
    • 【ファッション史】から見るゾゾ
    • 【送料自由化】を物流の専門家が分析
    • 【メルカリ】が勝った本当の理由
    • 【メルカリ出品者】が語る闇市の姿
    • 【ホットペッパービューティー】の罠
    • 【スポーツアパレル】がパリコレ占領中
    • 【ナイキ】の最先端戦略を覗き見!
    • 【高級機械式腕時計】はなぜ高い?
    • 【スマートウォッチ】台頭は吉か?凶か?

本誌特選!8人の(サ)な女たち

本誌特選!8人の(サ)な女たち
    • 歴代カバーガールグラビア傑作選

山地まり、大人Kawaiiレトロモダン水着

山地まり、大人Kawaiiレトロモダン水着
    • 【山地まり】Fカップとレトロ

NEWS SOURCE

    • 【安室奈美恵】引退宣言で揺れる音楽業界
    • 【市川海老蔵】と松竹の懐事情
    • 【ジュリーさん】がアベマ企画に大激怒

インタビュー

    • 【吉田まどか】福岡女のシンデレラストーリー
    • 【CASCADE】元祖おしゃれ系バンドの今
    • 【CHAI】女たちが追い求めるかわいい

連載

    • 【今野杏南】これで最後なんです。
    • 【佐藤江梨子】政治性が響くモンパチの歌
    • 【長澤茉里奈】合法ロリ生春巻き
    • 【斉藤由貴】スローな由貴でいてくれ
    • 【インターネット】への誤解がもたらす日本の危機
    • 【特別編】九州に格闘技界旋風起こす男
    • 【元・モー娘。】歌よりも正直なトーク
    • 【三波春夫】が2017年に蘇る
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【フレンチ・モンタナ】モロッコ系最強ラッパー
    • 【電通過労死事件】から考える労災
    • 【治療共同体】で精神病院を開放せよ!?
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」/『バリー・シール』
    • 世界一災害に弱い【東京】備えなき首都大災害
    • 小原真史の「写真時評」
    • 赤い屍と緑のタヌキ
    • ジャングルポケット/フェラペチーノで自分好みのプレイを!
    • 【最高の離婚】夫婦の溝を埋める最良のテキストドラマ
    • ボディペインティングが導く愉楽
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、政治と信仰と破綻の円環構造。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』