>   >   > 【テイスティ】コンテンツの「質」
連載
佐々木俊尚の「ITインサイド・レポート」 第101回

料理動画「テイスティ」の大ヒットが指し示す、これからのコンテンツの「質」

+お気に入りに追加

進化の歩みを止めないIT業界。日々新しい情報が世間を賑わしてはいても、そのニュースの裏にある真の状況まで見通すのは、なかなか難しいものである――。業界を知り尽くしたジャーナリストの目から、最先端IT事情を深読み・裏読み!

1612_sasaki1602_230.jpg
これ以上ないくらい見やすい動画も特徴の「テイスティ」。

手元だけが映る画面の中で、手際良く素材を切り、炒め、ソースをからめる――真俯瞰で撮影された洒落た料理動画を、フェイスブック上で観たことはないだろうか? バズフィードが提供し、言語の壁を超えて流行中の「テイスティ」シリーズから、今後求められるコンテンツの「質」を考える。

 新興メディアのバズフィードが昨年夏に始めた「テイスティ」という料理動画のシリーズがある。5つのフェイスブックページで拡散されていて、これらのページへの「いいね」は総計なんと1億を超えている。日本人の人口と同じぐらいの人数が「いいね」しているのだ。

 バズフィードにはこれまでも「フード」いう動画のシリーズがあった。こちらはどちらかといえばチープでジャンクな料理が中心だったのだが、テイスティはもう少し本格的な家庭料理を取り上げ、シズル感を重視した撮影になっている。「フード」はニューヨークにあるバズフィードの本社で制作されていたが、本格的な動画制作部門「バズフィード・モーションピクチャーズ」がハリウッドに設立され、テイスティはこちらで制作されているようだ。ハリウッドのチームの撮影はさすがに違う、と感じさせる。

 当初、テイスティの制作チームはさまざまな長さの動画を撮影し、フェイスブックで発信してどのような反響があるのかを調べた。その結果、最も多くのページビューを獲得し、シェアもされたのは、40秒の動画だったという。そこで制作チームの名前を「FB40」と呼ぶことにして、本格的な料理動画の配信をスタートさせた。

 2016年初めのビジネスインサイダーのインタビューで、バズフィードのジョナ・ペレッティCEOはテイスティについてこう答えている。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2017年2月号

過激な「マンガ」読本

過激な「マンガ」読本

"経済予測記事"はなぜハズれるのか?

    • 【経済予測記事】はご都合主義?
    • 経済学者が語る【金融緩和バトル】
    • 経済誌【制作の舞台裏】

カルチャー化する"メンヘラ"の謎

カルチャー化する
    • 【青山ひかる】が病みかわコス!
    • カジュアル化する【病み】
    • 【松永天馬】が語るメンヘラ

インタビュー

連載

    • 【平嶋夏海】もう少し遊びたかったんです。
    • 【山崎真実】Dカップの無為自然
    • MoeにKoiする5秒前
    • 大統領選を揺るがした【フェイクニュース】
    • 迫りくる教育の【2020年問題】
    • 高須基仁の「全摘」
    • 人はなぜ【忘年会】を開くのか?
    • 南米のマツリ・ダンス文化
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 月刊カルチャー時評/『真田丸』
    • 【ア・トライブ・コールド・クエスト】黒人音楽の常識を変えた!
    • 【恒例運転者事故続発】誤ったイメージ醸成の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 『男子の生き様』俳優・宮城紘大
    • 増える依存症と経営赤字【カジノ法案】の真実
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/プーチン最強伝説
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【紙の月】女の正義は状況や気分によって容易に更新される
    • 磯部涼の「川崎」
    • アメリカにはない【日本のSM】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 花くまゆうさくの「カストリ漫報」