>   >   > 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
連載
哲学者・萱野稔人の"超"哲学入門 第34回

【哲学入門】〈他者〉とは、〈人間〉とは、特別な道徳を人間に求めてくる特別な存在である。

+お気に入りに追加
1612_kayano_520.jpg
(写真/永峰拓也)

『全体性と無限』

エマニュエル・レヴィナス(熊野純彦・訳)/岩波文庫(05年)/1080円(上)・1010円(下)+税
20世紀を代表するフランス人哲学者のひとり、レヴィナスの主著。ユダヤ人としてナチスが引き起こした圧倒的な暴力を目の当たりにし、それを生き延びたレヴィナスが〈全体性〉を超越する〈他者〉の概念を倫理的に探求、思考する。

『全体性と無限』より引用
世界の組織のなかでは〈他者〉はほとんど無にひとしい。それでも〈他者〉が私に闘いをいどむことができる、言い換えるなら〈他者〉を打つ力に対抗することが可能であるのは、抵抗の力によってではない。対抗が可能であるのは、〈他者〉の反応が予見不可能であるからにほかならない。〈他者〉が私に対置するのは、だから、より大きな力――計量可能で、したがって全体の一部をなすかのように現前するエネルギー――ではない。全体との関係において、〈他者〉の存在が超越していることそのものである。〈他者〉が対置するのはどのような意味でも最上級の権力ではなく、まさに〈他者〉の超越という無限なものである。この無限なものは殺人よりも強いのであって、〈他者〉の顔としてすでに私達に抵抗している。この無限なものが〈他者〉の顔であり本源的な表出であって、「あなたは殺してはならない」という最初の言葉なのである。

 前回から引きつづき、今回もエマニュエル・レヴィナスの他者論について考察しましょう。ふたたび上の引用文をみてください。引用文の終わりのほうでレヴィナスは「〈他者〉の超越」と述べています。これは、世界に存在するさまざまなもの(コップや椅子といった無生物から、植物や動物などの生物まであらゆるもの)のなかで、人間という存在は人間にとって特別なものである、ということを意味しています。〈他者〉というのは自分以外のすべての人のことでした。その他者は、人間にとって、他のあらゆる存在するものとは同列には扱えない、特別な存在である、というのが「〈他者〉の超越」という言葉があらわしていることです。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年7月号

コーネリアスが語る沈黙の11年

コーネリアスが語る沈黙の11年
    • 【小山田圭吾】が語る音楽と息子

チラリと見える和モノ写真進化考

チラリと見える和モノ写真進化考
    • 一ノ瀬りと「私の全部」

インタビュー

連載