>   >   > 町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第108回

『ヘル・オア・ハイ・ウォーター』――ハリウッドが黙殺する米南部の非情な搾取構造

+お気に入りに追加

『ヘル・オア・ハイ・ウォーター』

1612_machiyama_200.jpg

代々牧場を経営する家系に生まれたトビー&タナー兄弟。だが、実母がガンを患い、牧場を担保に治療費を借りた。返す当てのない借金で、牧場は差し押さえられることになるが……。

監督:デビッド・マッケンジー/出演:クリス・パイン、ベン・フォスターほか。日本公開未定。


 テキサスの銀行を次々に襲うトビーとタナーの兄弟。田舎の小さな銀行だからたいした金はなく、客もロクにいないから目撃者も少ない。町もガランとして道路はスカスカなので、あっさり逃げられる。逃走車は地中に埋める。盗んだ金はカジノでいったんチップにしてから換金して「洗浄」する。

『ヘル・オア・ハイ・ウォーター』で描かれる銀行強盗は、地味でスケールも小さい。これは、ほかの犯罪アクション映画のように、派手なカーチェイスや銃撃戦で観客をスカッとさせることが目的ではなく、映画ではめったに描かれない、アメリカの田舎が抱えるさまざまな問題を抉り出している。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年7月号

コーネリアスが語る沈黙の11年

コーネリアスが語る沈黙の11年
    • 【小山田圭吾】が語る音楽と息子

チラリと見える和モノ写真進化考

チラリと見える和モノ写真進化考
    • 一ノ瀬りと「私の全部」

インタビュー

連載