>   >   > 禁忌に挑む【最新黒人映画】事情

――昨年に公開され特大ヒットを放った映画『ストレイト・アウタ・コンプトン』。今なお“豊作”といわれるブラックムービー業界だが、近年はどのような映画が注目を集めているのか? 各作品をジャンル分けし、その世界観を覗きながら、タブーに挑む作品や社会風刺の利いた映画、日本未公開作品まで含め、徹底分析!

1612_01_blackmovie_230.jpg
『はりまや橋』(09年)の監督を務めたアーロン・ウルフォーク監督が、本企画のために海外から参戦。過去にはディズニー・スタジオで脚本家として勤務していたことも。http://www.aaronwoolfolk.com

 2014年3月に開催された第86回アカデミー賞にて、『それでも夜は明ける』(13年)が黒人監督作品で初の作品賞に輝くという歴史が刻まれた。それからおよそ2年、ブラックムービーは人々のニーズに応えようと、ジャンルも昔以上に細分化され、盛り上がりを保ち続けている。本稿では前回の映画特集(14年3月号)以降の際立ったブラックムービーをカテゴリ分けしながら、その盛況を見ていきたい。

 まず、一番活況を呈し量産されているのが音楽映画だ。アイス・キューブやドクター・ドレーというスーパースターを輩出した西海岸ラップ・グループの重鎮N.W.Aの栄光を描いた『ストレイト・アウタ・コンプトン』【1】(15年)が日本でも公開されたことは記憶に新しいだろう。「ラップを世界的に広めたN.W.Aの物語を描く」=「ラップの歴史を紐解く」ことでもあり、N.W.Aをリアルタイムで知らない若者たちにも大いに受け入れられ、興行収入は世界中で軒並み好記録をたたき出した。N.W.Aの活動をリアルタイムで聴いていたファンからは、14年以降で好きな映画のトップに挙がり、「ファッションや音楽に文化などすべての面において、その当時を思い起こさせてくれた」という声が多く聞かれた。そしてN.W.Aメンバーで俳優としても活躍するアイス・キューブとF・ゲイリー・グレイ監督(『ストレイト~』も同監督)によるカルト作品『friday』(95年)で流行った「バーイ! フェリシア!!」【編註:ウザい人を邪険に扱う「あっち行け!」の意味で用いられ、たとえウザい人がフェリシアという名前でなくとも使われている】の台詞をさりげなく入れ、この言葉が現在『friday』公開時には生まれていなかった若い世代を中心に再ブレイクするまでに至っている。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2017年2月号

過激な「マンガ」読本

過激な「マンガ」読本

"経済予測記事"はなぜハズれるのか?

    • 【経済予測記事】はご都合主義?
    • 経済学者が語る【金融緩和バトル】
    • 経済誌【制作の舞台裏】

カルチャー化する"メンヘラ"の謎

カルチャー化する
    • 【青山ひかる】が病みかわコス!
    • カジュアル化する【病み】
    • 【松永天馬】が語るメンヘラ

インタビュー

連載

    • 【平嶋夏海】もう少し遊びたかったんです。
    • 【山崎真実】Dカップの無為自然
    • MoeにKoiする5秒前
    • 大統領選を揺るがした【フェイクニュース】
    • 迫りくる教育の【2020年問題】
    • 高須基仁の「全摘」
    • 人はなぜ【忘年会】を開くのか?
    • 南米のマツリ・ダンス文化
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 月刊カルチャー時評/『真田丸』
    • 【ア・トライブ・コールド・クエスト】黒人音楽の常識を変えた!
    • 【恒例運転者事故続発】誤ったイメージ醸成の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 『男子の生き様』俳優・宮城紘大
    • 増える依存症と経営赤字【カジノ法案】の真実
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/プーチン最強伝説
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【紙の月】女の正義は状況や気分によって容易に更新される
    • 磯部涼の「川崎」
    • アメリカにはない【日本のSM】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 花くまゆうさくの「カストリ漫報」