>   >   > 過激な【自衛隊協力拒否】映画

――近年、『シン・ゴジラ』をはじめ、自衛隊が製作に協力した“自衛隊協力映画”が増えている。しかし、なんでもかんでも協力を得られるわけではなく、中には協力を”拒否”された作品もあるという。そうした“協力拒否”作品の中身を読み解くと、映画における“リアルさ”とは何か─そんな疑問が見えてきた。
※本稿で使用する「自衛隊協力映画」という用語は、自衛隊が公式に協力した映画作品を指し、筑紫女学園大学・須藤遙子准教授が定義したものです。

1612_jieitaibks.jpg
『ゴジラ365日』(洋泉社)

 2016年の邦画といえば、『君の名は。』に次いで『シン・ゴジラ』の記録的ヒットも記憶に新しい。『シン・ゴジラ』は10月末時点でその興行収入が79億円を突破。10月からは全米480館以上で上映され、14年に公開されたハリウッド版『GODZILLA ゴジラ』の興行収入を上回るヒットとなっているという。そんな同作については、庵野秀明総監督が脚本執筆の段階から自衛隊に全面協力を依頼したこともあり、日本の防衛体制をリアルに描いたと、たびたび報じられてきた。

 しかし、某映画配給会社のA氏は、「自衛隊の協力を得てリアルさを追求することが、作品にとって必ずしもプラスになるとは限らない」と指摘する。

「戦車や戦闘機など、自衛隊の協力があれば実機で撮影できるかもしれませんが、正直、現在の技術では映像なんていくらでもごまかせてしまうので、本物で撮影する必要性はそんなにないような気がします。『シン・ゴジラ』だって、リアルさを追求した結果、戦車や戦闘機がやたら小さく見えるんですよね。それがリアルといえばそれまでですが、怪獣映画としては、そこでもっと迫力を出す方法もあったんじゃないかと」(A氏)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年6月号

オトナの写真学

オトナの写真学

忍野さら"暗室"グラビア

忍野さら
    • 【忍野さら】の危険な部分にレンズが迫る

インタビュー

連載

    • 【日向カリーナ】筑前煮が好きなんです。
    • 【優木まおみ】アイドルから教わる初心
    • 【原あや香】モグラ女子の謎の習慣
    • パラリンピック1964-2020
    • 【彩芽】とスキャンダル
    • 漫画村が開けた「ブロッキング」のヤバさ
    • 高須基仁の「全摘」
    • 異様な空気が高揚を促す【奇祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【ミシェル・ンデゲオチェロ】丸刈り才女の面目躍如
    • 【森友文書改ざん】法務省が抱えた積年の恨み
    • 統合失調症や自閉症は【母親】のせい!?
    • 町山智浩/『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』正義のラケットで女生憎悪を打ち砕け!
    • 【フェイスブック】個人情報商用利用の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/燃える宇船
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【星野源】ドラえもんの歌詞の妙技
    • ガンズ・アンド・ローゼズTシャツをめぐる裏話
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、性からの逃走に聖痕の闘争を。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』