>   >   > 【ディズニー映画】と人種差別

――日本でも大ヒットした『ズートピア』。昨今の人種をめぐる諸問題を意識した作品のように感じた読者も多いだろうが、過去には人種差別的だと非難されたディズニー映画もあった─。『ディズニーの魔法』(新潮新書)の著者・有馬哲夫氏が、ディズニー映画と人種差別の歴史をたどりながら、『ズートピア』の真意を読み解く!

1612_disney_02_230.jpg
『ズートピア』は、ジュディ・ホップスという警察官のウサギとニック・ワイルドという詐欺師のキツネのバディ・ムービーでもある。(c)2016 Disney

 今年、ディズニー3Dアニメーション映画の『ズートピア』が話題になった。日本での興行収入は、今のところ『アナと雪の女王』に次ぐ第2位だそうだが、話題性では、最近のどのディズニー映画にも負けていない。どうもこの話題性こそ、一度ならず、2度3度とこの映画を見る要因となっているようだ。

 この映画の中心にあるのは、「差別」だということに異論はないだろう。ネットにアップされている映画評や記事もほとんど「差別」を問題にしている。そして、かなりレベルの高い議論を展開している。

 私としては、似たようなことを書いてもしょうがないので、まだ誰も書いていない歴史的なアプローチをとってみたい。つまり、ディズニー・アニメーションにあった差別を歴史的にたどり、その流れの中に『ズートピア』を置くと、この作品の「差別」はどう見えるのかということだ。こうすると、この映画がこれまで考えられていたよりももっと奥深いことがわかるはずだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

人気記事ランキング
  1. 1やっぱり不倫はアウト! 全CMが放送中止で渡辺謙が大ピンチ!2017.5.17
  2. 2結局は国内向けのプロモーションに過ぎない!? 日本人アーティスト海外進出の皮算用とは!?2017.5.24
  3. 3あばれる君、イモトアヤコ、平野ノラ…生き残るのは誰だ? キャラ芸人を乱発するナベプロ――ブルゾンも使い捨て!? の育成戦略2017.5.17
  4. 4恐喝、根回し、ケタはずれのパワーゲーム……エージェント同士の殴り合いも!? ドンが牛耳った米国の芸能界2017.5.23
  5. 5佐々木希と渡部建の結婚に希望を見いだしている独身中年男性は、身のほどをわきまえるべきである。【佐々木】は希の風が吹く2017.5.23
  6. 6日本テレビの内定を断ったフジテレビのスーパールーキー・久慈暁子アナ“唯一の弱点”とは?2017.5.11
  7. 7お台場は今日も火事……河本準一の「生ポ」ネタでくりぃむ有田とフジがまた炎上2017.5.8
  8. 8【クロサカタツヤ×角 勝】“不作為”こそ罪 勘違いされたオープンイノベーションのまっとうな始め方2017.5.22
  9. 9成功の鍵は、圧力、妨害、そして根回し?マイケル・オーヴィッツによるハリウッド支配術2017.5.23
  10. 10【鈴木信也】ジャンプから消えたマンガ家はどうなる? 元ジャンプ作家が仕掛ける“穏やかな反撃”2017.5.24
Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年6月号

「教育勅語」とはなんだったのか?

「教育勅語」とはなんだったのか?
    • 【教育勅語】の歴史学
    • 【教育勅語】と天皇
    • 【教育勅語】口語訳全文

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」
    • 三上悠亜「アイドルになりたかった」

インタビュー

連載