>   >   > 【古舘伊知郎】が深夜番組で地殻変動を起こす
連載
『林賢一の「ライク・ア・トーキングストーン」』【19】

おしゃべり惑星のマグマ、【古舘伊知郎】が深夜番組で地殻変動を起こす!

+お気に入りに追加

――元放送作家で、現在は脚本家として心機一転活動する林賢一が、生のトーク現場に裸一貫突入! 事務所の大看板・古舘伊知郎を始めとした先達たちが繰り広げるトークライブをレポートする。

『トーキングフルーツ』収録現場

1612_hayashi_250.jpg

日時場所:2016年10月24日 @北区滝野川 & LIVE HOUSEAPIA40

フジテレビ系列にて、毎週火曜深夜24時25分~放送中の「トーキングフルーツ」の初回収録現場をレポート。12年間、報道番組キャスターを務めた男がスタートさせるトーク番組とは!?


 古舘伊知郎は、おしゃべり惑星のマグマだ。

 なぜか? 少し遠回りしながらその理由をたどってみよう。

『報道ステーション』(テレビ朝日系)のキャスターを12年間務めてきた古舘さんが、この秋からトーク番組を始動させる。その名も『トーキングフルーツ』(フジテレビ系)。古舘さんのライフワークである、哀しみ=BLUESを語り続ける一人舞台「トーキングブルース」をもじったこの新番組は、とてもシンプルな作りとなっている。ゲストと古舘さんが1対1でトークする、それだけだ。“上質な肉には塩胡椒だけで十分”理論である。先日、初回収録が行われ、今回はそのトークをレポートするのだが、その前に少しばかりの自分語りをお許し願いたい。

 私は学生時代に観た、古舘さんの『トーキングブルース』に衝撃を受け、エンターテインメントの世界に飛び込んだ。古舘プロジェクトにお世話になり、放送作家の仕事を始めて10年ほどたった頃、私は脚本を書きたいという衝動を抑えきれなくなった。その結果、当時担当していたバラエティ番組をすべて降板し、脚本家へ転身して現在に至る。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2017年2月号

過激な「マンガ」読本

過激な「マンガ」読本

"経済予測記事"はなぜハズれるのか?

    • 【経済予測記事】はご都合主義?
    • 経済学者が語る【金融緩和バトル】
    • 経済誌【制作の舞台裏】

カルチャー化する"メンヘラ"の謎

カルチャー化する
    • 【青山ひかる】が病みかわコス!
    • カジュアル化する【病み】
    • 【松永天馬】が語るメンヘラ

インタビュー

連載

    • 【平嶋夏海】もう少し遊びたかったんです。
    • 【山崎真実】Dカップの無為自然
    • MoeにKoiする5秒前
    • 大統領選を揺るがした【フェイクニュース】
    • 迫りくる教育の【2020年問題】
    • 高須基仁の「全摘」
    • 人はなぜ【忘年会】を開くのか?
    • 南米のマツリ・ダンス文化
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 月刊カルチャー時評/『真田丸』
    • 【ア・トライブ・コールド・クエスト】黒人音楽の常識を変えた!
    • 【恒例運転者事故続発】誤ったイメージ醸成の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 『男子の生き様』俳優・宮城紘大
    • 増える依存症と経営赤字【カジノ法案】の真実
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/プーチン最強伝説
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【紙の月】女の正義は状況や気分によって容易に更新される
    • 磯部涼の「川崎」
    • アメリカにはない【日本のSM】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 花くまゆうさくの「カストリ漫報」