>   >   > 【レコ大】LDH1億円請求書騒動の内情
ニュース
今年はどの面さげて開催するの?

大賞は西野カナ!? 元LDH社員も激白レコ大1億円の真相

+お気に入りに追加

消費税800万円大賞1億円の是非

世間的に「大賞を受賞するために支払う金額」として認知されてしまった額だが、各レコード会社のスタッフのリアクションは「安い買い物」「無駄すぎる」と、意見が真っ二つ。肯定派は「日本は良くも悪くも時が経てば“記録”が重宝されるので、先行投資で支払うのも、ひとつの手段」という意見だが、こういう人間が音楽をダメにする。

1612_01_news_230.jpg
昨年のレコード大賞を受賞した三代目J Soul Brothers「Unfair World」。ネット上では「(疑惑が)タイトルそのままやんけ」と揶揄される始末。

 日本の年の瀬の風物詩である一方、審査員への接待疑惑や出来レース説など、さまざまな疑惑が取り沙汰されてきた『輝く!日本レコード大賞』(以下、レコ大)。こうした黒い噂について本誌では幾度となく報じてきたが、レコ大はご存じの通り“芸能界のドン”こと、バーニングプロダクションの周防郁雄社長をはじめとする老舗芸能事務所の関係者が実権を握っているといわれている。そのため、音楽業界関係者にとってレコ大の結果は業界内のパワーバランスを示す縮図と見なされ、近年では「誰も触れることができない聖域的な催し」と揶揄されることも多い。

 しかし先日、レコ大の存在意義を揺るがす物的証拠【1】が白日の下にさらされた。10月27日発売の「週刊文春」(文藝春秋)11月3日号が、「昨年、三代目J Soul Brothersが受賞した大賞は1億円で買収」という衝撃スクープを掲載。記事では、三代目JSBの受賞は周防社長らバーニングによる審査員たちへの働きかけによるもので、同社はその見返りとして彼らが所属するLDHに1億円を請求したという。そこには使用された請求書画像まで掲載され、もはや言い逃れできない状況だ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年8月号

男と女の性愛学

男と女の性愛学
    • 美人は残れない【女子アナ】新世紀
    • 世界の【女人禁制】スポットの歴史
    • 広告と【ジェンダー】の亀裂
    • 【生理用ナプキン】の考現学
    • 男子の疑問【生理用ナプキン】Q&A
    • 新たな性犯罪【ディープフェイク】
    • 【ヒップホップと尻】を科学する
    • ヒップホップ界の【尻アイコン】6人
    • 【性器形成】手術の進化論
    • 【性器形成】のプロセスを解説
    • 【ブロックチェーン】で刻む愛
    • 【信用創出】が課題の婚姻制度
    • 【女性活躍】を謳う職場の嘘
    • 【女性マンガ家】のエロ実体験
    • LGBT時代に問う【BL】の功罪
    • 【おっさんずラブ】はゲイ差別か?
    • 【ハウツーSEX本】の歴史的変遷
    • 【芸能人】と一般人の合コン最前線

橋本梨奈とギャル文化再考

橋本梨奈とギャル文化再考
    • 日本一"黒い"グラドル【橋本梨奈】登場

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】ラーメン禁止なんです。
    • 【さとうほなみ】おじさまとセッション
    • 【酒井萌衣】元SKE48、夏の決意
    • パラアスリートの社会復帰
    • 【珠理奈】に傷心
    • ニッポンを救うCDOに求められる条件
    • 高須基仁の「全摘」
    • 伝統を守る【神田明神】の挑戦
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【袴田事件再審棄却】検察と司法の体たらく
    • 町山智浩/『Leave No Trace』公園で発見された父娘の言えない傷
    • 【ゲノム編集】が侵す人類の未来
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/サッカー日本代表に捧げる短歌
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【あげくの果てのカノン】不倫にハマる卑屈女子の実態
    • 永井豪にインスパイアされた外国人アーティスト
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 和食に合う食中酒を求めて【ビール】を造る
    • 幽霊、女のいないポルノグラフィティへ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』