>   >   > 【高畑裕太強姦致傷】に見る民事と刑事
連載
法社会学者・河合幹雄の法痴国家ニッポン【49】

【高畑裕太 強姦致傷】の結末は予想通りだった――和解すれば起訴はなし!? 民事と刑事のビミョーな関係

+お気に入りに追加

法と犯罪と司法から、我が国のウラ側が見えてくる!! 治安悪化の嘘を喝破する希代の法社会学者が語る、警察・検察行政のウラにひそむ真の"意図"──。

今月のニュース

高畑裕太強姦致傷
2016年8月、群馬県警は、前橋市内のホテルで40代の女性従業員に性的暴行を加えたとして、俳優の高畑裕太(23)を強姦致傷容疑で逮捕。本人は容疑を認め、所属事務所を解雇されたものの、被害女性との間で示談が成立したことから、不起訴処分で釈放された。その後、示談交渉に元ヤクザの介入があったなどと報じられ、ハニートラップ説が浮上している。

1611_houchis.jpg
「連続テレビ小説 まれ 完全版 ブルーレイBOX1」

 俳優の高畑裕太が、ホテル従業員の女性への強姦致傷容疑で逮捕された一件。人気の2世タレントによる性的な不祥事というマスコミの格好のネタだっただけに、大騒動となりました。ところが結局、高畑と被害女性との間で示談が成立し、前橋地方検察庁は高畑を不起訴処分として釈放。「週刊文春」は、この件が一種のハニートラップであったとし、元ヤクザの介入によって示談金が1500万円までつり上げられたことなどを報じています。真相はともかく、このあっけない幕切れに対し、「金さえあれば刑事事件ですらもみ消せるのか」など、驚きと反感の入り混じる否定的なとらえ方をした人が多かったようです。

 しかし専門家からすればこの顛末は予想通りで、驚くべきことではまったくない。世間の反応は、民事・刑事上の慣例や法の運用の実態について国民がいかに何も知らないかを示しているといえます。というのも今回のように、事件や事故を起こした者が、民事賠償によってあたかも刑事責任を免れたかのごとく見えるケースはそう珍しくないからです。ただ、その内情をのぞくと、罪種や犯行の様態ごとのさまざまな事情により、表面上そのように“見える”結果となるだけであって、決して「金を払えば刑事罰を逃れられる」わけではない。今回はそうした民事と刑事の関係や法の運用について、いくつかの罪種を例に挙げて解説したいと思います。

 同一の事件において、加害者が民事・刑事両面の責任を問われることはよくあります。ただし、裁判を含め、一方の結果が他方の結果に影響を及ぼすことは基本的にありません。ですから例えば、民事裁判で賠償命令が下されたのに、刑事裁判では証拠不十分で無罪になったとか、民事では裁判前に加害者が被害者に示談金を支払ったのに、刑事ではそもそも起訴すらされなかったとかいった、一般の処罰感情とは乖離した事態が起こり得ます。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年9月号

日本のタブー

日本のタブー
    • 【中国】が目指す究極のディストピア
    • 【韓国人になりたい若者】と美容整形
    • 【オウム真理教】が利用したドラッグ
    • Kダブが語る【愛国ソング】の是非
    • なぜヤバい【大学】は生まれるのか?
    • 危険な【大学図鑑】2018
    • ヤバい【配信ドキュメンタリー】
    • すぐ見られる【ドキュメンタリー】12選
    • 【ジェントリフィケーション】の功罪
    • 【豪雨災害】の裏にある宅地開発
    • 【スピリチュアル】業界の最新事情
    • 流行りの【子宮系】ってなんだ?
    • 衰退する【宗教】にすがる政治家のなぜ
    • 【葬儀ビズ】と首都開教
    • 学問としての【心霊とオカルト】
    • 暴かれた【暴力団】最大のタブー
    • 減少する全国の【暴力団】

美人YouTuber"配信不可"グラビア

美人YouTuber
    • 【うなぎひまわり】禁断の着衣とは?

NEWS SOURCE

    • 活発化する【公安調査庁】のお粗末さ
    • メディアが黙殺した【タモリ】タブー
    • 【小室哲哉】不倫騒動のその後

インタビュー

    • 【湯川ひな】演技に目覚めた17歳
    • 【男劇団青山表参道X】イケメン戦国時代に殴り込み
    • 【なでしこ寿司】女人禁制の世界に波風を立てる

連載

    • 【小倉優香】基本的に不摂生なんです。
    • 【永尾まりや】自然体美女の夏の予定
    • 【朋ちゃん】を慰めるやつはもういない
    • 日本のテレビ局は韓国を見習うべき
    • 高須基仁の「全摘」
    • EZ DO【BON】DANCE爆誕
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【ジェイ・パーク】「元2PM」の看板も今は昔
    • 町山智浩/『ソーリー・トゥ・バザー・ユー』労働SFが描く暗黒郷
    • 【新聞社】が抱える病巣と復活への道
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/殺人猛暑2018
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【未来のミライ】酷評から見える、相互理解の絶対的難しさ
    • ロリータの写真を撮るメキシコ人カメラマン
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 映画の世界から【ビール】道へ
    • 幽霊、草食系十字軍と不能者の憎悪。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』