>   >   > 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
連載
更科修一郎の「批評なんてやめときな?」【18】

ハマの番長引退試合に想いをはせて……幽霊、野球もマンガも引き際は難しい。

+お気に入りに追加

――ゼロ年代とジェノサイズの後に残ったのは、不愉快な荒野だった?生きながら葬られた〈元〉批評家が、墓の下から現代文化と批評界隈を覗き込む〈時代観察記〉

1611_sarashina.jpg
作者のアシスタント時代の自伝マンガで、手描き作画の細部まで活写する異様な面白さ。今回の騒動で影響が出なければ良いが。

 ハマの番長・三浦大輔の引退試合を観ていた。シーズン最多が12勝の典型的な弱小球団のエースだったが、00年代以降では工藤、山本昌、黒田に次ぐ通算3000イニング以上を投げ続けた大投手の最終登板は、メッタ打ちの見事な大敗であった。しかし、あれほど見事な引退セレモニーもなかった。なぜか『熱笑!!花沢高校』最終回の「お…男の……花道やっ」が脳裏に浮かんだのだが、番長の場合は努力と人徳とタイミングがたまたま合致したからよかった。というか、もしも今年もダントツの最下位だったら、もしも親会社がTBSのままだったら、もしもタイガースへFA移籍していたら……こんな幸福な引退にはならなかったろう。

 まったく、男の引き際は難しいが、梶谷隆幸も愛読している「マガジンSPECIAL」の人気連載『Dreams』の引き際は大惨事になっていた。掲載誌休刊に伴う打ち切りで、20年かけて積み重ねてきた物語が一気に崩壊する超展開だったのだが、長期連載の扱いが雑なのは講談社の伝統だ。『ああっ女神さまっ』や『無限の住人』のようにカウントダウンでの完結はまれで、月マガの大看板『なんと孫六』ですら微妙な結末だった。もっとも、講談社に限らず、人事異動のついでに打ち切られるのは日常茶飯事で、逆に『ゴルゴ13』『浮浪雲』『風の大地』のように申し送りで死ぬまで続くであろう小学館ビッグコミック系の長期連載もある。むしろ『こち亀』のような大団円で終われるほうが珍しい。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

人気記事ランキング
  1. 1羽生結弦の「目指している世界」を考えてみた/スケオタエッセイスト・高山真が見た四大陸選手権2017.2.23
  2. 2三原舞依の伸びしろ、オズモンドの完成度と危うさ…スケオタエッセイスト・高山真が見た四大陸選手権(女子編)2017.2.21
  3. 3羽生結弦、宇野昌磨、ネイサン・チェン…フィギュアスケートのグランプリファイナルに見た、「進化」と「狙い」とは2016.12.12
  4. 4女帝化する指原莉乃、噂される京楽の離脱…AKB最新ウラ事情2017.2.17
  5. 5菅田将暉になくて、伊野尾慧にあるものとは? 雑誌を占拠するジャニーズ、被写体としての実力を問う!2017.2.24
  6. 6美人度は政治家にとって必要か? 政策よりも資質と裏の顔を表す! グラビアとしての政治家公式写真2017.2.17
  7. 7“フォーマット”を踏襲しているだけ!? 篠山紀信は本当にスゴいのか? グラビアカメラマンの写真的功罪2017.2.22
  8. 8フォーマットの発明者【篠山紀信】から革新者まで――有名グラビアカメラマンの基礎知識2017.2.22
  9. 9小倉優子はベッド撮影がNGだった!水着が過激化したのは小池栄子のおかげ?下乳もM字開脚もNG!グラビアタブーの正体2017.2.21
  10. 10未成年との淫行疑惑で活動自粛中の【狩野英孝】に違法賭博疑惑も浮上か!?2017.2.6
サイゾープレミア

2017年3月号

ジリ貧ラジオが今背負うもの

ジリ貧ラジオが今背負うもの
    • 今【ラジオ】が"本番"な理由
    • 【星野源】が伊集院光を倒す日
    • 過激な【深夜お笑い番組】
    • ニッポン放送【女性アナ】カレンダー
    • 【音楽番組】は"事故"の宝庫
    • 【書き起こし】で広がるラジオの輪

AVと女性の性欲、そしてポルノグラフィ

AVと女性の性欲、そしてポルノグラフィ
    • 【腐女子】熟女セクシー女優×政治学者

連載