>   >   > 【森喜朗】会長宿泊の“超格安ホテル”と東京五輪のゆくえ
ニュース
小池百合子(妖怪)VS森喜朗(大妖怪)

新聞記者たちが語る! 森喜朗会長宿泊の“超格安ホテル”と東京五輪のゆくえ

+お気に入りに追加

リオ五輪取材記者が語るバトルの裏

毎日のようにメディアを賑わせている小池百合子・東京都知事が斬り込んでいるのが、豊洲新市場の問題と、そして4年後の東京五輪開催予算等の総合的な見直しだ。世論の支持を背景に、大幅な見直しを断行するところまで行くのか、あるいは“老獪なる守旧派”森喜朗・東京五輪大会組織委員会会長がそれを押しとどめるのか、見ものだ。

1611_news1s.jpg
『東京オリンピック 「問題」の核心は何か』(集英社新書)

A:全国紙五輪担当ベテラン記者
B:全国紙中堅記者
C:スポーツライター

A 7月31日の東京都知事選の直後は、東京五輪大会組織委員会の森喜朗会長も、小池百合子東京都知事との協力体制を築くことを強調していましたが、やはりあのふたりは犬猿の仲だよな。

B 都知事選の結果を、森会長はリオデジャネイロ五輪に向かうトランジット先で聞くこととなった。リオに到着した直後、森会長は早朝の5時半からわざわざ囲み会見を開きました。平静を装い、“失言”もありませんでしたが、小池知事に対して「勉強していただきたい」と上から目線。腹に一物を抱えたタヌキオヤジっぷりは相変わらず、ですね。

C 私もあの囲み会見を取材しましたが、東京五輪関連予算の具体的な数字がポンポンと出てきて、しかもそれがすべて正確なんですよね。政界を引退し、79歳となった今も、頭の中は衰え知らずです。自分はボランティアで東京五輪大会組織委員会の会長をやっているということをやたらと強調していました。囲み会見は会長が泊まるホテルのロビーで行われたのですが、実は私も同じ日にあのホテルに泊まっていて、一泊1万5000円。オリンピックパークに近いホテルとしては破格でした。さすがに森会長はスイートルームなどでしょうが、舛添要一前東京都知事の海外出張費が問題となったこともあり、安上がりのホテルに泊まろうというパフォーマンスにも受け取れました。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2017年2月号

過激な「マンガ」読本

過激な「マンガ」読本

"経済予測記事"はなぜハズれるのか?

    • 【経済予測記事】はご都合主義?
    • 経済学者が語る【金融緩和バトル】
    • 経済誌【制作の舞台裏】

カルチャー化する"メンヘラ"の謎

カルチャー化する
    • 【青山ひかる】が病みかわコス!
    • カジュアル化する【病み】
    • 【松永天馬】が語るメンヘラ

インタビュー

連載

    • 【平嶋夏海】もう少し遊びたかったんです。
    • 【山崎真実】Dカップの無為自然
    • MoeにKoiする5秒前
    • 大統領選を揺るがした【フェイクニュース】
    • 迫りくる教育の【2020年問題】
    • 高須基仁の「全摘」
    • 人はなぜ【忘年会】を開くのか?
    • 南米のマツリ・ダンス文化
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 月刊カルチャー時評/『真田丸』
    • 【ア・トライブ・コールド・クエスト】黒人音楽の常識を変えた!
    • 【恒例運転者事故続発】誤ったイメージ醸成の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 『男子の生き様』俳優・宮城紘大
    • 増える依存症と経営赤字【カジノ法案】の真実
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/プーチン最強伝説
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【紙の月】女の正義は状況や気分によって容易に更新される
    • 磯部涼の「川崎」
    • アメリカにはない【日本のSM】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 花くまゆうさくの「カストリ漫報」