>   > 現役3大制服公務員らが語る制服勤務の苦悩
第1特集
別冊サイゾー「ファッション大全」【11】

制服のブーツのせいで水虫に!現役3大制服公務員らが語る最大重量50キロの制服勤務の苦悩

+お気に入りに追加

「サイゾーpremiere」キャリア決済キャンペーン実施にともない、「別冊サイゾー 2016年5月号 ファッション大全」を期間限定で大公開!ファッション誌では絶対に読めない!ググっても出てこない!アパレル業界の裏側を大放出しちゃいます!(キャリア決済で登録すると2ヶ月間は無料でお読みいただけます)

――ここまで、アパレル業界における制服市場の大きさを明らかにしてきたが、では、実際に着用している公務員たちは、その制服にどんな思いを持っているのか? 現役の警察官、自衛隊員、消防士に話を聞いた。

1610seihuku04s.jpg
『日本の制服150年』(青幻舎)

A…警視庁警察官
B…埼玉県警警察官
C…朝霞駐屯地陸上自衛官
D…横浜市消防局消防官

──早速ですが、皆さんは基本的に毎日制服を着てお仕事をされているんですか?

A 私は刑事なんで、普段は制服は着てませんね。式典の時などくらいでしょうか。あとは、家宅捜索の時などに、「警視庁」って書いてある赤いベストをスーツの上に着ます。

B 同じ警察でも、私のほうはいわゆる「お巡りさん」なので、毎日制服で仕事してます。

C 僕は制服というよりも戦闘服、皆さんもご存じの迷彩服のほうが多いですね。自衛隊ではかなり前から、「常在戦場(いつでも戦場にいる心構えで事をなせという心得)」ということで、戦闘服勤務になったんです。

D 自分は、消防署での待機中は、出動服というオレンジの服を着ています。

──制服や勤務服のメリットやデメリットなどはありますか?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年12月号

チラリと魅せる和モノ写真進化考

チラリと魅せる和モノ写真進化考

真木しおり、Gカップのリムジンパーティ

真木しおり、Gカップのリムジンパーティ