>   > デザイナーの指示書はパクリだらけ!ユニクロのデザインはMDが主導!?

「サイゾーpremiere」キャリア決済キャンペーン実施にともない、「別冊サイゾー 2016年5月号 ファッション大全」を期間限定で大公開!ファッション誌では絶対に読めない!ググっても出てこない!アパレル業界の裏側を大放出しちゃいます!(キャリア決済で登録すると2ヶ月間は無料でお読みいただけます)

――アパレル業界で“ファッション・デザイナー”と名乗る人間はゴマンといる。しかし実のところ、洋服をマトモにデザインできる人間は少なく、パクリが横行!? 現役デザイナーたちに実情を赤裸々に語ってもらった。

1610zadan.jpg
2015年秋に発表されて話題になったユニクロ アンド ルメールのサイト。

A…大手アパレル会社勤務 
B…中堅アパレル会社勤務
C…独立系ブランド勤務
D…アパレル専門商社勤務

A ユニクロを擁するファーストリテイリングが2015年8月期(14年9月〜15年8月)の連結決算で、売上収益と営業利益、純利益ともに前年実績を上回り、過去最高を更新したけど、16年8月期決算の第1回四半期(15年9月〜11月)の営業利益は前年同期を16.9%も下回ったね。

B ただ、15年10月より発売されたユニクロとフランスのデザイナーであるクリストフ・ルメールのコラボ商品は売れているみたいだね。毎回、コラボは高いブランドが安く買えるということで話題になる。

C でも、コラボ相手がマニアックすぎじゃない? 07年にコラボしたアリスロイなんて、日本の一般消費者で知っている人はそんなにいなかったんじゃないかな。世界で売るための戦略なのか、契約金的に大物は引っ張ってこられなかったのか……まあ、後者だろうな。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年8月号

チラリと見える和モノ写真進化考

チラリと見える和モノ写真進化考