>   >   > 「男子の生き様」/歌手/タレント・カンナム
連載
西森路代の「男子の生き様~イケメンから見る現代社会」【17】

【歌手/タレント・カンナム】中途半端なイケメンってことで損してると思います。

+お気に入りに追加
1610_ikemen.jpg
(写真/市村 岬)

[今月のイケメン]
カンナム(歌手・タレント)

芸能界のイケメンに、自分のルックスとの付き合い方を尋ねる本連載。今回は、韓国でアイドルとして活動した後、バラエティ番組でブレイクし、「韓国一有名な日本人」といわれるカンナムさんです。

──現在、韓国のバラエティで活躍されているほか、日本でも歌手活動をされていますが、芸能界入りのきっかけは、なんだったんですか?

カンナム 子どもの頃から目立ちたい、モテたい、ステージに上がって歌いたいっていうのがあって。でも21歳くらいの頃に90キロまで太ったんですよ。そのときにちょうど日本でオーディション受けたら落ちちゃって。

──そこからどうやって芸能界入りにつながったんですか?

カンナム 痩せてイケメンになったら何かあるかもと思って数カ月かけて痩せた後、オーディションのときにプロデューサーの隣に座っていた人と偶然街で再会したんです。それで「覚えてますか?」って声をかけたら、次の日にその人から電話がかかってきて、「君の努力はハンパない」ってことで日本でバンドデビューしました。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2017年4月号

悪法の研究――正義と法の歴史学

悪法の研究――正義と法の歴史学

片岡沙耶と考える下着デザイン事情

片岡沙耶と考える下着デザイン事情
    • 男は知らない【下着事情】