>   >   > 【見放題サービス】と映画界の関係
第1特集
見放題サービスと映画界の関係【1】

Netflix上陸で業界は変わったのか? 推されるのはドラマばかり…旗振り役不在の“見放題”と映画界

+お気に入りに追加

――Netflixの日本上陸以降、映画・ドラマ等の“見放題”サービスが話題になっている。中身や使い勝手の比較は各所で行われているが、コンテンツを卸している一角である映画業界が、これらとどういった関係を築いているかはあまり論じられていない。業界関係者の言から、二者の関係を検分してみよう。

1610_eiga_1.jpg
Amazonプライムが他サービスに先駆けて配信することに成功した『ジュラシック・ワールド』。

 昨年9月、世界最大のSVOD(Subscription Video on Demandの略。定額制ビデオオンデマンドのこと)であるNetflixがついに日本に上陸した。Amazonプライム・ビデオも同時期にサービスを開始し、先行するHulu、dTV等を含め、ついに役者が揃った感がある。Netflixのサービス開始を引き金に、情報誌や女性週刊誌まで「どのサービスがお得か?」「それぞれにどんな違いがあるのか?」といった比較紹介記事を展開していた。本特集の企画でも、それぞれの特徴を調査している。

 この状況下で気になるのは、これらに作品を卸すコンテンツホルダーからの反応があまり聞こえてこないことだ。例えば、こちらの業界の話で恐縮だが、出版社とAmazonの間では、契約形態をめぐる揉め事がたびたび起きている。今もサービスを開始したばかりのKindle Unlimitedでも混乱が起き、作品の引き上げを明言する会社も出てきた。翻って、SVODと映画配給会社で、そうしたトラブルが発生している、という報道や噂話はあまり耳にしない。両者の関係は、どのようになっているのだろうか。

「そもそも出版社とAmazonのように、一冊売れたら何%、あるいはKindle Unlimitedのように分配制でいくら、という契約ではなく、一作品をいくらで買い付けてもらうか、という契約になっています。テレビに放映権を売るときや、パッケージ化するときにDVDメーカーと結ぶ契約と同じようなやり方ですね」というのは、独立系配給会社のベテラン社員だ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2017年2月号

過激な「マンガ」読本

過激な「マンガ」読本

"経済予測記事"はなぜハズれるのか?

    • 【経済予測記事】はご都合主義?
    • 経済学者が語る【金融緩和バトル】
    • 経済誌【制作の舞台裏】

カルチャー化する"メンヘラ"の謎

カルチャー化する
    • 【青山ひかる】が病みかわコス!
    • カジュアル化する【病み】
    • 【松永天馬】が語るメンヘラ

インタビュー

連載

    • 【平嶋夏海】もう少し遊びたかったんです。
    • 【山崎真実】Dカップの無為自然
    • MoeにKoiする5秒前
    • 大統領選を揺るがした【フェイクニュース】
    • 迫りくる教育の【2020年問題】
    • 高須基仁の「全摘」
    • 人はなぜ【忘年会】を開くのか?
    • 南米のマツリ・ダンス文化
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 月刊カルチャー時評/『真田丸』
    • 【ア・トライブ・コールド・クエスト】黒人音楽の常識を変えた!
    • 【恒例運転者事故続発】誤ったイメージ醸成の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 『男子の生き様』俳優・宮城紘大
    • 増える依存症と経営赤字【カジノ法案】の真実
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/プーチン最強伝説
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【紙の月】女の正義は状況や気分によって容易に更新される
    • 磯部涼の「川崎」
    • アメリカにはない【日本のSM】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 花くまゆうさくの「カストリ漫報」