>   >   > 【ニュートリノ】で宇宙の起源がわかる
連載
神保哲生×宮台真司「マル激 TALK ON DEMAND」 第117回

【神保哲生×宮台真司×多田 将】物質最小単位ニュートリノで宇宙の起源がわかる

+お気に入りに追加

――ビデオジャーナリストと社会学者が紡ぐ、ネットの新境地

[今月のゲスト]
多田 将[高エネルギー加速器研究機構准教授]

1610_marugekis.jpg
『ニュートリノ』(イースト新書Q) 

8月6日、「ニュートリノ」の「粒子」と「反粒子」の変化に違いがある「CP対称性の破れ」の兆候を初めて捉えたと発表された。これが確認されれば、宇宙の起源の解明にもつながる……が、実際、なんのことかよくわからない。今回は、いつもと趣向を変え、なぜ、物質最小単位から壮大な宇宙の起源が解明されるのか、を見ていこう。

神保 今回は、科学の分野で大きな話題となっている「ニュートリノ」を扱います。僕にとっては、ややハードルの高いテーマですが、宮台さんは少年時代から『ブルーバックス』(講談社刊行/自然科学を一般向けに解説する人気シリーズ)を愛読していたくらいですから、こういう分野はフォローしていますよね?

宮台 この後で紹介されるような、新しい発見のニュースがあると、発作的にブルーバックスのようなものを買って読む、という習慣があります。最近はNHKのEテレが良質な科学番組をつくっており、インターネットでアーカイブスが観られるので、チェックしています。

神保 僕としては、ニュートリノがなんなのかということさえ、よくわかっていません。そもそも、なぜ物質をどんどん細かくしていくと宇宙の起源がわかるのかが、不思議でならないのです。宮台さんは、そのことに違和感はないのですか?

宮台 日常的な感覚に照らせば、違和感ありまくりです。例えば「誕生したばかりの宇宙は原子よりも小さかった」なんて、意味がわかりません。以前、惑星物理学者の松井孝典さんをお招きしたときも、ありそうもない奇跡のような極小確率の偏差が重なって、物が存在しているとか、僕たちが存在しているという話を伺いました。

神保 今回は「すごく小さいがゆえに、すごく大きな話」ということでしょうか? 僕らだけでは一向に話が進まないので、専門家の先生の助けを借りましょう。ゲストは高エネルギー加速器研究機構・素粒子原子核研究所の准教授で物理学者の多田将先生です。

 先日、高エネルギー加速器研究機構(茨城県つくば市)が行ったある実験が、大きなニュースになりました。「高エネルギー加速器研究機構が、物体をすり抜けて飛び交う素粒子ニュートリノの粒子と反粒子の変化に違いがある『CP対称性の破れ』の兆候をとらえたと、米シカゴで開催中の、国際学会で発表した」というものです。

 僕はこのニュース原稿に出てくる単語が、半分以上わかりませんでした。

多田 僕はむしろ、お2人はよくご存じのほうだと思います。うちの母親など、「原子“核”研究所」という名称から、僕が核兵器の研究をしていると思っていますから(笑)。一般的には、おそらくそのような認識だと思いますし、今回は、そういう方にも伝わるようにお話ししたいと思います。

神保 早速ですが、今回の実験で何が起きたのかを簡単にご説明いただけますか?

多田 僕たちの実験には「T2K実験」という名前がついているのですが、これはどういう実験かというと、まず茨城県東海村にある実験施設でニュートリノを人工的につくり、それを300キロ離れた岐阜県神岡町まで飛ばす、というものです。神岡町にあるニュートリノ検出器「スーパーカミオカンデ」でそれを検出し、300キロを飛んでいる間にどのような変化が起こるか、ということを調べるのです。

 ニュートリノは生まれた瞬間に、光速に近い速さで動くのですが、それをつくる際に、うまく向きを合わせることで、神岡町のほうへと飛ばすのです。実験では地中を飛ばすのですが、普通に考えたら、地面にガンガン当たってなくなりそうですよね。ところが、ニュートリノにはある非常に特殊な性質があるため、岩石なんて簡単に通り抜けてしまいます。

宮台 ちなみに「T2K」というのは、「Tokai to Kamioka」という意味ですね。

神保 「カミオカンデ」という名前も気になっていました。神岡町のカミオカはわかりますが、だとすると残りの「ンデ」は何なのでしょうか。

多田 元々は「Nucleon Decay Experiment」(核子崩壊実験)の略から来ています。

神保 なるほど、「NDE(ンデ)」だったんですね。

多田 今では「Neutrino Detection Experiment」になっていますが、Nがニュートリノを表していると思っていただければ結構です。スーパーカミオカンデは、ニュートリノをつかまえる検出器で、簡単に言うと水のタンク。直径40メートル、高さ40メートルで、5万トンの水をたたえた、巨大なタンクです。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2017年2月号

過激な「マンガ」読本

過激な「マンガ」読本

"経済予測記事"はなぜハズれるのか?

    • 【経済予測記事】はご都合主義?
    • 経済学者が語る【金融緩和バトル】
    • 経済誌【制作の舞台裏】

カルチャー化する"メンヘラ"の謎

カルチャー化する
    • 【青山ひかる】が病みかわコス!
    • カジュアル化する【病み】
    • 【松永天馬】が語るメンヘラ

インタビュー

連載

    • 【平嶋夏海】もう少し遊びたかったんです。
    • 【山崎真実】Dカップの無為自然
    • MoeにKoiする5秒前
    • 大統領選を揺るがした【フェイクニュース】
    • 迫りくる教育の【2020年問題】
    • 高須基仁の「全摘」
    • 人はなぜ【忘年会】を開くのか?
    • 南米のマツリ・ダンス文化
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 月刊カルチャー時評/『真田丸』
    • 【ア・トライブ・コールド・クエスト】黒人音楽の常識を変えた!
    • 【恒例運転者事故続発】誤ったイメージ醸成の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 『男子の生き様』俳優・宮城紘大
    • 増える依存症と経営赤字【カジノ法案】の真実
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/プーチン最強伝説
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【紙の月】女の正義は状況や気分によって容易に更新される
    • 磯部涼の「川崎」
    • アメリカにはない【日本のSM】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 花くまゆうさくの「カストリ漫報」