>   >   > 暴力化した【ソーシャルメディア】を制御できないか?
連載
『クロサカタツヤのネオ・ビジネス・マイニング』第33回

【クロサカタツヤ×藤代裕之】暴走する『言論の自由』。暴力化したソーシャルメディアを制御できないか?

+お気に入りに追加

通信・放送、そしてIT業界で活躍する気鋭のコンサルタントが失われたマス・マーケットを探索し、新しいビジネスプランをご提案!

1610_kurosaka.jpg
主なメディアの平均利用時間 出典:総務省平成27年情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査より

インターネットやデジタルデバイスの普及が進み、これまでマスメディアの対抗軸とされてきたネットのニュースが、積極的にテレビなどでも取り扱われるようになってきた。その一方で、それらを論じる場としてのソーシャルメディアでは日々、炎上や私刑まがいの言説が飛び交っている。我々が日常的にネットに触れている以上、こうした“新しい暴力”とも無縁ではいられなくなった現在、これらとどう向き合っていくべきなのか?

クロサカ 7月に参議院選挙と東京都知事選挙が行われましたが、選挙報道におけるマスメディアとソーシャルメディアのコントラストが印象に残りました。そこで今回はソーシャルメディアとジャーナリズムが専門の藤代さんをお招きしました。7月の都知事選では、これまでとは異なりネットとマスメディアの報道が、同じ方向を見ていたように思えました。

藤代 今回の選挙に限らず、ネットからマスへの新しい情報の流れがあります。ミドルメディアと呼んでいるまとめサイトや影響力の強いブロガー、さらにネットの情報を主に収集するニュースメディアが第一階層です。第二階層はマスメディアで、彼らが第一階層からどの話題をピックアップするのかによって、その話題が多くの人に周知されるかどうかが決まる。

クロサカ これまではネットとマスは対立するものだという見方が多かったですよね。「マスコミは○○を報道しない」というお決まりのフレーズで。

藤代 でも、実際にはネットとマスのメディアは重層的に存在して、それが相互に共振・影響しながら話題が大きくなっていくエコシステムができている。事件・事故があるとすぐにテレビでツイッターの投稿動画が紹介され、たまに偽画像に釣られてテレビが謝罪している。一方、選挙報道は公選法があるため、どうしてもマスメディアは慎重になり、共振が鈍ります。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年11月号

禁断の家電・ガジェット

禁断の家電・ガジェット
    • テック系企業の【経済地理額】
    • 次世代のテック系【注目都市】
    • 世界を席巻する【アジア家電】
    • 【D.O.I.×BERBAL】安室奈美恵論
    • 【アムロ】を支えたPの本音
    • 知られざる地方【テック企業】
    • 米国【大麻用電子たばこ】産業事情
    • 【星名美津紀】家電とエロス
    • 進化し続ける【アダルトVR】の今
    • 最新【バーチャルセックス】のしくみ
    • 【三代目JSB・山下健二郎】スニーカー愛
    • 【三代目Air Jordan Brothers】選出!
    • 【リバタリアン】生んだネットの終焉
    • 各国【ネット規制】の事件簿
    • 【ゲーム依存】はビョーキか否か?
    • 【モノ雑誌】の「読プレ」豪華番付
    • 【景品表示法】を弁護士はどう見るか

防弾少年団がアメリカを制する日

防弾少年団がアメリカを制する日
    • 今さら聞けない【BTS】基礎講座
    • 数字で見る【K-POP】世界進出
    • BTS支持層【アジア系アメリカ人】の連帯

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【忍野さら】友達の財布に私のトレカを入れるんです。
    • 【小林レイミ】デビュー4年目の初グラビア!
    • 振り返れば【芽衣】がいる
    • 【電力業界】に切り込んだ元フィンテック起業家
    • 【新潮45】を潰したのは誰だ!
    • 【阿波踊り】内紛の実情
    • 【中国】を支配する巨大顔認証システム
    • 【88ライジング】がアジアと米国を繋ぐ
    • 町山智浩/『ブラック・クランズマン』アメリカ・ファーストを謳うのは誰か
    • 政権の利益誘致政策に踊らされる【英語教育】の欺瞞
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/黒い水脈
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【おとぎ話みたい】文化系男子が患う恋愛の病
    • ギャング集団に所属するアパレル屋
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • ビールの世界を超越し始めた【職人】
    • ひとりぼっちたちを繋ぐ【薔薇族】の誕生
    • 幽霊、雑誌の去勢と俗物主義の衰退。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』