>   >   > 【ミュージックビデオ】のお値段
第1特集
どこにカネがかかる?MV制作費のウラ事情【1】

AKB48の予算は5000万円? EXILEは2億円で制作! ミュージック・ビデオの“お値段”大検証

+お気に入りに追加

――メジャー/インディ、邦楽/洋楽を問わず、数多のミュージック・ビデオがプロモーション・ツールとしてYouTube上にアップされており、それらを日頃から楽しんでいる読者も多いはず。では、この時代、MVはどの程度の予算をかけて制作されるのか? 映像制作会社の社員などに話を聞きながら、その実情を探りたい。

今年、話題となったのが、MVの“あるある”ネタを詰め込んだ岡崎体育「MUSIC VIDEO」。たった6万円で制作されたという。

 ミュージック・ビデオ(以下、MV)とは、その名の通りミュージシャンやバンドの楽曲に合わせて制作された、プロモーション用の映像作品である。MVは80年代にアメリカでMTVが登場したことにより急速に一般化し、90年代まではそのMTVやスペースシャワーTVといったCSの音楽専門チャンネルで放送されるのが常であった。しかし2000年代以降、インターネット動画の再生速度や画質が飛躍的に向上し、今やMVはYouTubeをはじめとする動画サイトで視聴するのが当たり前に。著作権に厳しかった音楽業界も、これを推奨している状況だ。

 最近では、スマホでの視聴を前提に縦型のインターフェースをMVで表現したlyrical schoolの「RUN and RUN」や、昨今のMVにおける“あるある”ネタを皮肉った岡崎体育の「MUSIC VIDEO」などがネット上で瞬く間に拡散。特に岡崎の作品は、「カメラ目線で歩きながら歌う」、「(女の子を)泣かす・躍らす・音楽聴かす・窓にもたれさす・倒れさす」、「何かを拾って振り返る」といった歌詞を映像で忠実に再現し、16年4月の公開から5カ月弱で900万回再生を突破。しかも岡崎は、このMVの制作費はわずか6万円だと自身のツイッターで明かしており、その言葉を信じるなら、費用対効果は絶大である。

 しかし一方で、音楽業界の市場規模がシュリンクするにつれ、MVの制作費も年々減少しており、まさに岡崎の歌った“あるある”の数々も、少ない予算の中で“それっぽく”仕上げるためのテンプレ集のようにも見える。本稿では、そんな日本のMV制作費事情に迫りたい。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年9月号

日本のタブー2017

日本のタブー2017
    • 【ハクソー・リッジ】はなぜ炎上?
    • 【フリーメイスン】ビジネスの裏側
    • 【ネタ消費】されるフリーメイスン
    • 世間を洗脳する【PR会社】の実像
    • 有名事案で暗躍した【PR会社】の功績
    • 【世界遺産】乱立の真相
    • 【福岡・北九州】相克の近代100年史
    • 九州で蠢く【闇ビジネス】の実相
    • 【七社会と麻生グループ】の癒着
    • 【ナマモノBL】は本当にタブーなのか?
    • 【福山雅治】もハマったBL妄想
    • 【音楽業界】の歌詞"自主規制"問題
    • キスもNG?保険ありきの【MV】事情
    • 【ぱちんこ】出玉規制強化に見る警察の本音
    • 【ぱちんこ】は北朝鮮の資金源か!?
    • 急増する【仮想通貨】詐欺の最前線
    • 【仮想通貨】誕生の背景
    • 【優生学】の歴史的背景と真実
    • 日本国内外の【優生保護法】
    • 【うんこドリル】から考えるミソジニー
    • 【うんこドリル】に見る哲学的例文集

チラリと見える和モノ写真進化考

チラリと見える和モノ写真進化考
    • 園都「B90センチGカップを隠しながら」

早乙女ゆう、食品サンプルとカラむ

早乙女ゆう、食品サンプルとカラむ
    • 【18歳の現役JD女優】禁断のカラみ

NEWS SOURCE

連載

    • 【小倉優香】運気上がってるんです。
    • 【早乙女ゆう】食品サンプルとカラむ!
    • 【萩原みのり】ゆずの「いつか」に涙する
    • プロで日本王座も獲ったボクシング選手
    • 俺が大丈夫って言えば【すず】はきっと大丈夫で
    • 日本の遅れた【IT】事情を改善する最後のチャンス
    • サブカルチャーの終焉を見た
    • 【田原総一朗】というジャンルが見せるトークの妙
    • 祭りと【フリースタイル】の相性
    • デイヴィッド・ヒュームの【人性論】を読む
    • 【モブ・ディープ】黄金期を支えた巨星墜つ
    • 世界はいま本当に【テロ】の時代か?
    • 謎の【スメリズム】は18世紀欧州の"気功法"!?
    • 『この世に私の居場所なんかない』義憤に燃える介護士の血みどろコメディ
    • 【ポスト安倍候補】が語る自民党の「これまで」と「これから」
    • 戦死者たちの肖像(上)
    • もやもや籠池劇場
    • 男にはマネできないこの回転!まわるバイブで未知の体験を
    • 【サプリ】「こじらせ女子」とは社会に立ち向かう女性たち
    • 「フェティポップ」とはなんぞや?
    • 【紀宮様の婚約会見】を振り返り、眞子様と小室さんの未来を占う
    • タブーすぎる野球裏話…幽霊、興行は清濁併せ呑む暇つぶし
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』