>   >   > 【闇ウェブ】で生み出される殺人動画とは?

――ISILは巧みにネット動画を駆使している。人質を後ろ手にした脅迫や、交渉に応じなかった場合には、その首を切り落とすといった処刑動画を、以前はツイッターやYouTubeで配信することによって注目を集めていた。本誌は取材の中で、そんなISILの動画を制作したという日本人に接触した。インターネットの暗部“ダークウェブ”で行われたという、動画制作までの経緯と、その実態とは?

1610_isil_1_230.jpg
男性が制作に携わった動画のひとつとされる『戦争の炎(Flames of War)』。CGの炎自体はさほど凝ったものではない。

「人が死ぬ瞬間の動画」を目にしたことはあるだろうか? もちろんフィクションの話ではなく“本物”の映像だ。交通事故、暴力犯罪、自然災害、暗殺、そして戦争――世界中で記録されたさまざまなな“殺人”の動画は、ネットの発達により誰でも興味本位で閲覧できる状態となっている。

 中でも、ここ数年で話題を席巻しているのがイスラム系過激派組織ISIL、通称「イスラム国」だ。捕虜を斬首や火あぶりといった残酷な手法で処刑し、その様子を公開する彼らの動画は極めて衝撃的である。

 いったい彼らはなぜ、このように残虐な動画の公開に踏み切るのか? 世界中の紛争地域を渡り歩き、数多くの武装勢力と接触するなど、死体写真家として活動する釣崎清隆氏に意見を伺った。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2017年2月号

過激な「マンガ」読本

過激な「マンガ」読本

"経済予測記事"はなぜハズれるのか?

    • 【経済予測記事】はご都合主義?
    • 経済学者が語る【金融緩和バトル】
    • 経済誌【制作の舞台裏】

カルチャー化する"メンヘラ"の謎

カルチャー化する
    • 【青山ひかる】が病みかわコス!
    • カジュアル化する【病み】
    • 【松永天馬】が語るメンヘラ

インタビュー

連載

    • 【平嶋夏海】もう少し遊びたかったんです。
    • 【山崎真実】Dカップの無為自然
    • MoeにKoiする5秒前
    • 大統領選を揺るがした【フェイクニュース】
    • 迫りくる教育の【2020年問題】
    • 高須基仁の「全摘」
    • 人はなぜ【忘年会】を開くのか?
    • 南米のマツリ・ダンス文化
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 月刊カルチャー時評/『真田丸』
    • 【ア・トライブ・コールド・クエスト】黒人音楽の常識を変えた!
    • 【恒例運転者事故続発】誤ったイメージ醸成の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 『男子の生き様』俳優・宮城紘大
    • 増える依存症と経営赤字【カジノ法案】の真実
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/プーチン最強伝説
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【紙の月】女の正義は状況や気分によって容易に更新される
    • 磯部涼の「川崎」
    • アメリカにはない【日本のSM】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 花くまゆうさくの「カストリ漫報」