>   >   > 【ライブチャット】で儲けるカラクリ

――どんなに動画サイトが勃興しても、結局話題になるのはテレビでもおなじみの人ばかり。そんな中「素人」に付加価値のつく動画がある。それが、ライブチャットだ。自らの痴態をアップして、人気者へと成り上がる素人ポルノスターが世界中で増えているらしいが、同時に怪しい噂も見え隠れ。そんなアングラなエロの裏側に迫る。

1610_chatbasic_520.jpg
■ライブチャット基礎知識
↑画像をクリックすると拡大します。

 アダルトサイトの世界で、ライブチャットが存在感を増している。ライブチャットとはウェブカメラでライブ動画をネット配信しながら、マイクで話したりタイピングでコメントしたりするサービスだ。アダルトとノンアダルトの2種類があり、前者は配信者がコメントしてくる視聴者たちの要望にこたえて服を脱いでいき、下着姿や手ブラになる。ただ、後者でも主となるやりとりは下ネタ。そこから、さらにツーショットとパーティチャットに分かれる。ツーショットは配信者のチャットルームに、ひとりの視聴者だけが入室し、やりとりするビデオ電話のようなもの。パーティは複数の視聴者が、配信者のいるチャットルームに入室するというものだ。

 ライブチャットにはパソコンの画面を通して、タダで痴態を見せてくれる“女神”たちがいるというわけではない。彼女たちの目的は金だ。ライブチャットには誰でも見られる無料配信だけでなく、クレジットカード払いでポイントを購入した視聴者のみが見られる有料配信がある。そこでは、配信者がリアルタイムで視聴者が支払った金で服を脱ぎ、裸体だけでなく、性器が映りそうなぐらいのオナニーまでも見ることが可能。そして、視聴者が払った有料ポイントを手数料は差し引かれるが、配信者は現金化できる。そのため“IT系風俗”という認識が一般的である。

 配信者と視聴者のやりとりや動画内容は、日本でも海外でも大差ない。しかし、そんなライブチャットをめぐる環境は大きく異なるようだ。性風俗研究家・松沢呉一氏は、海外の大手ライブチャット『CAM4』を長年ウォッチしてきた経験を語った。

「世界中のあらゆる国からさまざまな人が配信しています。ゲイなどセクシャルマイノリティが多いのもCAM4の特徴です。どこまで仕込みかはわからないですけど、“仕事中”と言って、職場らしきデスクの下にカメラを設置してパンチラ配信する人もいました。また、日本人でも普段はニコ生で配信している女の子が裸で下手なバイオリン弾いていましたよ。エロが前提にあるんですけど、個人的にはYouTubeを観る感覚にも近い。パフォーマーの工夫が面白いんですよ」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年8月号

大人のための「エロ」読本

大人のための「エロ」読本

チラリと見える和モノ写真進化考

チラリと見える和モノ写真進化考
    • 椿原愛「和製ミランダ・カーのチラリズム」

インタビュー

連載

    • 【RaMu】母を沖縄に連れて行きたいんです。
    • ハワイのボンダンスとフクシマオンドの故郷(後編)
    • 話題のユニット【PKCZ】独占インタビュー
    • 【岡田結実】RADWIMPSの歌詞に心打たれる
    • 不定期連載「東京五輪1964-2020」
    • 【渡辺麻友】は、AKBを卒業しまゆゆー!
    • 【日本人エンジニア】の未来と弱点
    • 高須基仁の「全摘」
    • 門外不出のトークショー【名倉潤】のテレビへの愛
    • 【喧嘩祭り】が根絶されない理由
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【TLC】史上最強の女性グループ15年ぶりの最終作
    • 【金塊強盗多発】に見る「警備会社」の歴史
    • 精神錯乱を【マラリヤ感染】で治癒せよ
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 【水道民営化】の目的は老朽化対策か海外事業参入か?
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/上からマユコ
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【ハッピー・マニア】が変えた日本人女性の結婚観
    • SNSでやりとりされるエロ写真や動画の真実
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』