連載
写真時評~モンタージュ 現在×過去~

「人食いグマ」の動かぬ証拠

+お気に入りに追加
1609_shashin.jpg

 秋田県鹿角市で入山者らがツキノワグマに襲われて死亡する被害が相次ぎ、駆除した個体の体内から人体の一部が発見されたことが連日ニュースを賑わせた。クマは人を食う、それは、写真家の宮崎学がずっと前から主張してきたことだ。

 宮崎はクマの生態を調べるために、70年代から改良を重ねてきた無人カメラでシカの死体の定点観測を試みている。赤外線のビームに動物が触れると、シャッターとストロボが連動して撮影される仕組みだ。撮影者がカメラから遠く離れているからクマに襲われる可能性は、バッテリーやSDカードの交換時以外にはない。写真家の星野道夫がロシアで取材中にヒグマに襲われ、遺体が食い荒らされた状態で森の中で発見された事件はよく知られているが、無人カメラはそうしたリスクを最小限にし野生動物の姿を至近距離から撮るための必然的な選択なのだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2017年4月号

悪法の研究――正義と法の歴史学

悪法の研究――正義と法の歴史学
    • 歴史で見る【悪法】のトリセツ
    • 【悪法】は司法でどう扱われるか?
    • 【悪法】誕生のカラクリ
    • 【法哲学者】が語る悪法対処法
    • 【刑法改正】は穴だらけ?

片岡沙耶と考える下着デザイン事情

片岡沙耶と考える下着デザイン事情
    • 男は知らない【下着事情】

連載