>   >   > 町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第105回

『ゴーストバスターズ』――“ゴースト”からのヘイトに立ち向かうオバサン4人組

+お気に入りに追加

『ゴーストバスターズ』

1609_machiyama.jpg

コロンビア大学の物理学者エリンは、心霊現象を科学的に立証すべく、日夜仲間たちと研究を重ねていた。そんな最中、市立図書館に幽霊出現の報を受けた彼女らは調査に赴くも、実際に幽霊を目にするや逃げ出してしまう。果ては大学から一方的にクビを言い渡され、幽霊退治専門会社『ゴーストバスターズ』を設立する。80年代に一世を風靡した同名映画のリブート。

監督:ポール・フェイグ/出演:クリスティン・ウィグほか。8月19日全国公開予定。


 1984年に大ヒットした映画『ゴーストバスターズ』の3作目は30年もの間、浮上しては消える幻の企画だった。そして、人気キャラの権利を持たないソニー=コロムビア映画にとっては悲願でもあった。

『ゴーストバスターズ』3作目がなかなか作られなかった理由はいろいろ噂されていたが、オリジナルの監督アイヴァン・ライトマンのシナリオに主役のビル・マーレイが難色を示していたからだともいわれている。

 それが2014年頃、一気に形になり始めた。続編ではなく、主人公をすべて女性に替えた完全リブートとして。オリジナルはお笑い番組『サタデーナイト・ライブ』の出演者をキャストしたが、リブートでも『サタデー~』の女性コメディアン、クリステン・ウィグを中心に主役4人を固めた。ライトマン監督は降ろされ、クリステン・ウィグ脚本・主演の女子会コメディ『ブライズメイズ』を成功させた監督ポール・フィグが抜擢された。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2017年2月号

過激な「マンガ」読本

過激な「マンガ」読本

"経済予測記事"はなぜハズれるのか?

    • 【経済予測記事】はご都合主義?
    • 経済学者が語る【金融緩和バトル】
    • 経済誌【制作の舞台裏】

カルチャー化する"メンヘラ"の謎

カルチャー化する
    • 【青山ひかる】が病みかわコス!
    • カジュアル化する【病み】
    • 【松永天馬】が語るメンヘラ

インタビュー

連載

    • 【平嶋夏海】もう少し遊びたかったんです。
    • 【山崎真実】Dカップの無為自然
    • MoeにKoiする5秒前
    • 大統領選を揺るがした【フェイクニュース】
    • 迫りくる教育の【2020年問題】
    • 高須基仁の「全摘」
    • 人はなぜ【忘年会】を開くのか?
    • 南米のマツリ・ダンス文化
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 月刊カルチャー時評/『真田丸』
    • 【ア・トライブ・コールド・クエスト】黒人音楽の常識を変えた!
    • 【恒例運転者事故続発】誤ったイメージ醸成の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 『男子の生き様』俳優・宮城紘大
    • 増える依存症と経営赤字【カジノ法案】の真実
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/プーチン最強伝説
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【紙の月】女の正義は状況や気分によって容易に更新される
    • 磯部涼の「川崎」
    • アメリカにはない【日本のSM】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 花くまゆうさくの「カストリ漫報」