>   >   > 町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第105回

『ゴーストバスターズ』――“ゴースト”からのヘイトに立ち向かうオバサン4人組

+お気に入りに追加

『ゴーストバスターズ』

1609_machiyama.jpg

コロンビア大学の物理学者エリンは、心霊現象を科学的に立証すべく、日夜仲間たちと研究を重ねていた。そんな最中、市立図書館に幽霊出現の報を受けた彼女らは調査に赴くも、実際に幽霊を目にするや逃げ出してしまう。果ては大学から一方的にクビを言い渡され、幽霊退治専門会社『ゴーストバスターズ』を設立する。80年代に一世を風靡した同名映画のリブート。

監督:ポール・フェイグ/出演:クリスティン・ウィグほか。8月19日全国公開予定。


 1984年に大ヒットした映画『ゴーストバスターズ』の3作目は30年もの間、浮上しては消える幻の企画だった。そして、人気キャラの権利を持たないソニー=コロムビア映画にとっては悲願でもあった。

『ゴーストバスターズ』3作目がなかなか作られなかった理由はいろいろ噂されていたが、オリジナルの監督アイヴァン・ライトマンのシナリオに主役のビル・マーレイが難色を示していたからだともいわれている。

 それが2014年頃、一気に形になり始めた。続編ではなく、主人公をすべて女性に替えた完全リブートとして。オリジナルはお笑い番組『サタデーナイト・ライブ』の出演者をキャストしたが、リブートでも『サタデー~』の女性コメディアン、クリステン・ウィグを中心に主役4人を固めた。ライトマン監督は降ろされ、クリステン・ウィグ脚本・主演の女子会コメディ『ブライズメイズ』を成功させた監督ポール・フィグが抜擢された。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年9月号

日本のタブー2017

日本のタブー2017

チラリと見える和モノ写真進化考

チラリと見える和モノ写真進化考
    • 園都「B90センチGカップを隠しながら」

早乙女ゆう、食品サンプルとカラむ

早乙女ゆう、食品サンプルとカラむ
    • 【18歳の現役JD女優】禁断のカラみ

NEWS SOURCE

連載

    • 【小倉優香】運気上がってるんです。
    • 【早乙女ゆう】食品サンプルとカラむ!
    • 【萩原みのり】ゆずの「いつか」に涙する
    • プロで日本王座も獲ったボクシング選手
    • 俺が大丈夫って言えば【すず】はきっと大丈夫で
    • 日本の遅れた【IT】事情を改善する最後のチャンス
    • サブカルチャーの終焉を見た
    • 【田原総一朗】というジャンルが見せるトークの妙
    • 祭りと【フリースタイル】の相性
    • デイヴィッド・ヒュームの【人性論】を読む
    • 【モブ・ディープ】黄金期を支えた巨星墜つ
    • 世界はいま本当に【テロ】の時代か?
    • 謎の【スメリズム】は18世紀欧州の"気功法"!?
    • 『この世に私の居場所なんかない』義憤に燃える介護士の血みどろコメディ
    • 【ポスト安倍候補】が語る自民党の「これまで」と「これから」
    • 戦死者たちの肖像(上)
    • もやもや籠池劇場
    • 男にはマネできないこの回転!まわるバイブで未知の体験を
    • 【サプリ】「こじらせ女子」とは社会に立ち向かう女性たち
    • 「フェティポップ」とはなんぞや?
    • 【紀宮様の婚約会見】を振り返り、眞子様と小室さんの未来を占う
    • タブーすぎる野球裏話…幽霊、興行は清濁併せ呑む暇つぶし
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』