>   >   > 【アルビノ】問題、当事者の本音
第1特集
日本の風潮に日本人のアルビノが反駁!

障害者に求められる社会的役割の異様さ――NHKは反論をカット!捏造されるアルビノの本当の声

+お気に入りに追加

――全身のメラニン色素をつくる機能をDNA的に持たないという先天性の遺伝子疾患、アルビノ。遠い世界の話だと思いがちだが、当然日本にもアルビノはいる。しかし、その存在をタブーとされているためか、多くのことは知られていない。実際のところはどうなのか? 日本の現状をアルビノ・エンターテイナーが物申した!

1609_albino.jpg
(写真/西田周平)

――川名紀美氏の『アルビノを生きる』(河出書房新社)や、JAN(日本アルビニズムネットワーク)によると、アルビノはメラニン色素が欠乏していることから、日焼けを防ぐため外出に制限が出たり、弱視で像をうまく捉えられないといった困難が生じるなどといわれていますよね。そのことが世間に認知されていないため、差別の対象になってしまうと。その一方で「僕は、このアルビノを悲劇にしない」と標榜し、声優やモデルとして活動する粕谷幸司さんですがこれまでアルビノで悩んだりしたことはありましたか?

粕谷幸司(以下、粕谷) 僕もその本に登場し、以前はJANにも参加していたため、その手の質問はよく受けますが、僕は劣等感としてアルビノを捉えていないんですよね。体質的には弱視だし日焼けもできないということで、物心ついた頃から人と違う行動をとることも多かったけども、特にネガティブにはならなかったです。強いて言うなら、大勢でいても自分だけ目立つので悪さはできないことですかね。

――今年の3月、朝日新聞で「アルビノの娘が、就活で面接先の会社に髪を染めてくるように言われた」という趣旨の投書が掲載され、話題になりました。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年5月号

ウェブ(禁)新論

ウェブ(禁)新論

マンガで学ぶ「(裏)社会学」

マンガで学ぶ「(裏)社会学」
    • 【実際のヤクザ】に聞いた下半身事情
    • 【ヲタめし】ハロプロヲタのライブ後

華村あすか、19歳のプライベートセクシー

華村あすか、19歳のプライベートセクシー
    • 【華村あすか】クダモノとカラミます。

インタビュー

連載

    • 【アンジェラ芽衣】けっこう根暗なんです。
    • 【宮下かな子】森田童子にゾクゾク
    • 【冨手麻妙】映画界に愛された女優の身体
    • 密かに好成績を残した剣の貴公子
    • 【由美子】の夢は夜ひらく
    • 行政法研究者が語る日本の行方
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【品川ヒロシ】が夜通し語る映画愛
    • 継続危機と対峙する【秋田の伝統祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【XXX Tentacion】SNS厄介者たちの続く伝説
    • 【元スパイ襲撃被害】スパイによる本当の諜報活動
    • ナチスの【優生学】が投げかけるもの
    • 町山智浩の「映画でわかるアメリカがわかる」/『サバービコン』
    • 実話を元に描かれた【映画でわかる】社会の病巣
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/森友ふたたび
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 女はなぜ皆【星野源】を欲するのか?
    • 俺と伝説のラッパーたちとの交遊録
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、文化系連合赤軍な雑誌の終焉。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』