>   >   > 【アルビノ】問題、当事者の本音
第1特集
日本の風潮に日本人のアルビノが反駁!

障害者に求められる社会的役割の異様さ――NHKは反論をカット!捏造されるアルビノの本当の声

+お気に入りに追加

――全身のメラニン色素をつくる機能をDNA的に持たないという先天性の遺伝子疾患、アルビノ。遠い世界の話だと思いがちだが、当然日本にもアルビノはいる。しかし、その存在をタブーとされているためか、多くのことは知られていない。実際のところはどうなのか? 日本の現状をアルビノ・エンターテイナーが物申した!

1609_albino.jpg
(写真/西田周平)

――川名紀美氏の『アルビノを生きる』(河出書房新社)や、JAN(日本アルビニズムネットワーク)によると、アルビノはメラニン色素が欠乏していることから、日焼けを防ぐため外出に制限が出たり、弱視で像をうまく捉えられないといった困難が生じるなどといわれていますよね。そのことが世間に認知されていないため、差別の対象になってしまうと。その一方で「僕は、このアルビノを悲劇にしない」と標榜し、声優やモデルとして活動する粕谷幸司さんですがこれまでアルビノで悩んだりしたことはありましたか?

粕谷幸司(以下、粕谷) 僕もその本に登場し、以前はJANにも参加していたため、その手の質問はよく受けますが、僕は劣等感としてアルビノを捉えていないんですよね。体質的には弱視だし日焼けもできないということで、物心ついた頃から人と違う行動をとることも多かったけども、特にネガティブにはならなかったです。強いて言うなら、大勢でいても自分だけ目立つので悪さはできないことですかね。

――今年の3月、朝日新聞で「アルビノの娘が、就活で面接先の会社に髪を染めてくるように言われた」という趣旨の投書が掲載され、話題になりました。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

人気記事ランキング
  1. 1あばれる君、イモトアヤコ、平野ノラ…生き残るのは誰だ? キャラ芸人を乱発するナベプロ――ブルゾンも使い捨て!? の育成戦略2017.5.17
  2. 2やっぱり不倫はアウト! 全CMが放送中止で渡辺謙が大ピンチ!2017.5.17
  3. 3お台場は今日も火事……河本準一の「生ポ」ネタでくりぃむ有田とフジがまた炎上2017.5.8
  4. 4日本テレビの内定を断ったフジテレビのスーパールーキー・久慈暁子アナ“唯一の弱点”とは?2017.5.11
  5. 5音事協を取り巻く団体のトップは芸能界の重鎮? JASRAC収益は143億円! 音事協と関連団体の“絆”2017.5.22
  6. 6【クロサカタツヤ×角 勝】“不作為”こそ罪 勘違いされたオープンイノベーションのまっとうな始め方2017.5.22
  7. 7メディアへの圧力団体という虚像――タレント肖像権をチラつかせる音事協はタブー団体なのか?2017.5.22
  8. 8裏社会とのつながりを憂慮した歴代のトップたち…芸能界の重鎮が歴任! 音事協会長の履歴書2017.5.22
  9. 9GSと田邊社長が築いた芸能システム――一介のドラマーが芸能界のドンへ! グループ・サウンズから見る芸能史2017.5.21
  10. 10佐々木希と渡部建の結婚に希望を見いだしている独身中年男性は、身のほどをわきまえるべきである。【佐々木】は希の風が吹く2017.5.23
Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年6月号

「教育勅語」とはなんだったのか?

「教育勅語」とはなんだったのか?
    • 【教育勅語】の歴史学
    • 【教育勅語】と天皇
    • 【教育勅語】口語訳全文

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」
    • 三上悠亜「アイドルになりたかった」

インタビュー

連載