>   >   > 【マクスウェル】帰ってきたオオカミ少年
連載
丸屋九兵衛の音楽時事備忘録「ファンキー・ホモ・サピエンス」【38】

【マックスウェル】帰ってきたオオカミ少年。寡作と〆切破りの果てに

+お気に入りに追加

『blackSUMMERS'night』

1609_FHS.jpg

マックスウェル (販売元:ソニーミュージック)

前作は『BLACKsummers'night』だった。本作は『blackSUMMERS'night』で、次作は『blacksummers'NIGHT』。ややこしいわい! とにかく、ブラック・サマーズという名の女性との一夜をテーマにした3部作の第2章は、リラックス・ムードの前作よりも尖った印象あり。本人曰く“プログレッシヴ・ソウル”だそうだ。


 ブラックミュージック・ファンは“カミング・スーン”を信じない。

 そう、R&Bやヒップホップというジャンルにおいては、アーティストの「俺の新作は、もうすぐでリリースされる」発言は、話半分に聞くものなのだ。

 映画『ロミオ・マスト・ダイ』のプロモーションで、ジェット・リーと共に来日したアリーヤに会ったときのことを思い出す。あれは確か2000年の春だったはずだ。彼女は「私の新作は、あと2~3カ月で出るわよ」と言っていたが、実際にリリースされたのは翌年の7月。不運な飛行機事故で彼女が世を去ってしまう2カ月ほど前のことだった。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年5月号

ウェブ(禁)新論

ウェブ(禁)新論

マンガで学ぶ「(裏)社会学」

マンガで学ぶ「(裏)社会学」
    • 【実際のヤクザ】に聞いた下半身事情
    • 【ヲタめし】ハロプロヲタのライブ後

華村あすか、19歳のプライベートセクシー

華村あすか、19歳のプライベートセクシー
    • 【華村あすか】クダモノとカラミます。

インタビュー

連載

    • 【アンジェラ芽衣】けっこう根暗なんです。
    • 【宮下かな子】森田童子にゾクゾク
    • 【冨手麻妙】映画界に愛された女優の身体
    • 密かに好成績を残した剣の貴公子
    • 【由美子】の夢は夜ひらく
    • 行政法研究者が語る日本の行方
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【品川ヒロシ】が夜通し語る映画愛
    • 継続危機と対峙する【秋田の伝統祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【XXX Tentacion】SNS厄介者たちの続く伝説
    • 【元スパイ襲撃被害】スパイによる本当の諜報活動
    • ナチスの【優生学】が投げかけるもの
    • 町山智浩の「映画でわかるアメリカがわかる」/『サバービコン』
    • 実話を元に描かれた【映画でわかる】社会の病巣
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/森友ふたたび
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 女はなぜ皆【星野源】を欲するのか?
    • 俺と伝説のラッパーたちとの交遊録
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、文化系連合赤軍な雑誌の終焉。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』