>   >   > 【押尾学】のカオスな"トークギグ"
連載
『林賢一の「ライク・ア・トーキングストーン」』【16】

「いい意味で」を連発する【押尾学】の極北な語り口――なんだそれ?なトークギグに潜入!

+お気に入りに追加

――元放送作家で、現在は脚本家として心機一転活動する林賢一が、生のトーク現場に裸一貫突入! 事務所の大看板・古舘伊知郎を始めとした先達たちが繰り広げるトークライブをレポートする。

「押尾学トークギグ2016 in 東京」

1609_hayashi.jpg

人物:押尾学 日時場所:2016年7月24日 @渋谷DAIA
押尾学を応援してくれたすべてのファンの方へ、本人から直接のメッセージが伝えられるトーク“ライブ”ならぬ、トーク“ギグ”。参加者全員との記念撮影会も実施された。


 トークギグ。しつこいようだが、もう一度確認しよう。「ギグ」である。この「ギグ」とは、元々はジャズマンの間で使われていたスラングで、演奏する場所ごとの契約を指した言葉だったそうだ。小さなライブハウスなどでよく耳にするが、最近ではライブ活動休止宣言した氷室京介が、その4大ドームツアーで「LAST GIGS」と銘打っていたように、現在では“その場限り”という魂がこもった意味合いが強い言葉だとひとまずは定義しておきたい。

 押尾学トークギグ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2017年3月号

グラビア写真学

グラビア写真学

ジリ貧ラジオが今背負うもの

ジリ貧ラジオが今背負うもの
    • 今【ラジオ】が"本番"な理由
    • 【星野源】が伊集院光を倒す日
    • 過激な【深夜お笑い番組】
    • ニッポン放送【女性アナ】カレンダー
    • 【音楽番組】は"事故"の宝庫
    • 【書き起こし】で広がるラジオの輪

AVと女性の性欲、そしてポルノグラフィ

AVと女性の性欲、そしてポルノグラフィ
    • 【腐女子】熟女セクシー女優×政治学者

インタビュー

連載