サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > TBS・林みなほアナ結婚の相手は、小島慶子とも揉めた"女子アナクラッシャー"!?
ニュース
【premium限定ニュース】

TBS・林みなほアナ結婚の相手は、小島慶子とも揉めた"女子アナクラッシャー"!?

+お気に入りに追加
1608tbshayashi.jpg
TBSアナウンス部HPより

 TBSの林みなほアナが同局ラジオプロデューサーH氏と結婚したことを発表して約3週間。人気アナの結婚に局内は祝福ムード一色かと思いきや、聞こえてくるのは意外な声ばかり。特にH氏に対する風当たりは強く、反発するスタッフも少なくないという。

「相手のH氏は『ライムスターの宇多丸のウイークエンドシャッフル』をはじめ、人気番組を数多く手がけるラジオマンとして業界でも有名。売り出し中のコラムニストのジェーン・スーをパーソナリティに抜擢するなど、プロデューサーとしての嗅覚もあります。林アナとはラジオ番組『トップ5』で仕事を共にし、交際に発展。周囲に伏せていたこともあり、発表があるまで2人が交際していたことを知らないスタッフも少なくありませんでした」(TBS関係者)

 ヤリ手として知られているH氏だが、仕事に対する情熱からか、時にはパーソナリティーと衝突することも少なくなかったという。

「昼の帯番組『小島慶子 キラ☆キラ』のパーソナリティーだった小島慶子とは、番組の方向性を巡って揉め、その結果小島が降板し番組自体も終了することになりました。またH氏が直接の原因ではありませんが、同じく昼の帯番組『たまむすび』の小林悠も健康トラブルで降板することになりました。そんなこともあってか“女子アナクラッシャー”と揶揄する声もあります。入社5年目で、これからという時だけに、妊娠して退社は避けて欲しいというのが上層部の本音。『勘弁してくれ』というのが正直なところでしょう」(前出)

 林アナは今のところ妊娠していないようなので、ファンとしてはひと安心といったところか。結婚を機に更なる活躍を期待したいところだが。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年2月号

日本のタブー

日本のタブー
    • 【芸能界】権力構造とパワハラの闇
    • 【女性の社会進出】で浮き彫りになった問題
    • 【ヤフーニュース】という怖い権力
    • 【ヤフトピ】が抱える懸念点
    • 【GREEN KIDS】が紡ぐ移民の歌
    • 【共産圏】らで禁忌化するラップ
    • 風水が後押しする【タッキー】社長就任
    • 【豊川稲荷とメリー喜多川】の共鳴
    • 不正入試で揺れる【医学部】の闇
    • 米国の【大麻解禁】と処方薬汚染
    • 【処方薬】の犠牲になったポップスター
    • 塗り替えられた【五輪ユニフォーム】
    • 【原発と精神病院】そして戦後日本
    • 慰めとしての百田尚樹【日本国記】
    • 【ストロング系チューハイ】レビュー
    • ストロングゼロが霞む【米国】ヤバい酒

小阪有花、危険なエロス

小阪有花、危険なエロス
    • 元祖タブーグラドル【小阪有花】

NEWS SOURCE

    • ヤリ手社長の徹底管理!【米津玄師】の実態
    • 【官邸ポリス】と警察官僚内紛の点と線
    • 【ネットフリックス】でテレビ業界崩壊?

インタビュー

    • 【宮下かな子】姉御肌女優の管理術
    • 【舐達磨】シーンをかき回す熊谷のラッパー
    • 【金属バット】劇場出禁!? 異端漫才師の生き様

連載

    • 【長澤茉里奈】ストロング系なんです。
    • 【犬童美乃梨】筋トレ女子、秘密の習慣
    • いとしの【戸田恵梨香】
    • 自由な【インターネット】は終わった
    • 一茂、良純【中年ジュニア】の時代が到来
    • 知られざる【北島三郎】まつり話
    • 【スタバ】を襲う謎のコーヒー起業家
    • 【Zapp】ロボット声の魔力
    • 町山智浩『運び屋』
    • 【ゴーン前会長逮捕】から考える社会の劣化
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/憎みきれないハゲダルマ
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【ちびまる子ちゃん】がその他大勢に与えた救済
    • 【スヌープドッグ】のローライダーを塗った男
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 不死鳥のごとく蘇った【天才ブルワー】
    • 【ゲイメディア史】群雄割拠時代の幕開け
    • 幽霊、呪われた平成と世直しの幻想。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』