>   >   > 山本圭壱をボクシングで「公開リンチ」、フジの演出は新興宗教のよう!?
1608mechaike01.jpg
フジテレビ『めちゃ×2イケてるッ!』HPより

 未成年との淫らな行為をしたことでテレビから姿を消していた極楽とんぼの山本圭壱が、7月30日放送の『めちゃ×2イケてるッ! 夏休み宿題スペシャル』(フジテレビ系)で10年ぶりに地上波復帰を果たした。

「めちゃイケ」メンバーたちの前に姿を現した山本だが、笑いながら入ってきたことを咎められ、視聴者と被害女性に土下座して謝る重苦しい空気に。さらに、今度は場所を変え、なぜかナインティナイン岡村隆史とのボクシングが始まった。

「笑いを取ろうとしているのかと思いましたが、全然そんな雰囲気じゃない。無抵抗な山本を岡村がたこ殴りにする公開リンチ状態。愚連隊という企画の設定だったのもあり、グループを抜けた仲間に対する制裁のように見えました。この後、元相方の加藤浩次が思いの丈をぶちまけるという流れでしたが、このボクシングのシーンは、正直なかったほうがよかったですね。リングサイドで観ていた『めちゃイケ』メンバーや『軍団山本』たちはみな涙を浮かべていましたが、ロンブー淳をカメラが抜いた瞬間に涙が一筋頬を伝ったのは、あまりにタイミングができすぎていて逆にシラケてしまいました」(週刊誌記者)

 その後も、加藤と共に演者、スタッフに土下座を強要された山本。最後は強引に笑いに持っていこうとする加藤に蹴りを食らったり、顔面をセメントにツッコまれたが、これまでの流れからとても笑える空気にはならず、ますます「公開リンチ」感が出てしまった。

「山本への執拗な糾弾は見ていてツラいものがありました。まるで新興宗教の自己啓発セミナーのような流れをタレントがやっている。山本の立場からすればどれだけ弁明したくても何も言えない。あまつさえ、一方的に殴られるしかないスパーリングというのは不快なだけです。山本にも言い分や、これまでの頑張りを認めて欲しい気持ちもあったはず。ここまで犯罪者扱いしていきなりボクシングで鉄拳制裁をするところに、フジの視聴者との感覚のズレを感じました」(女性誌記者)

 バラエティーともドキュメンタリーともどっちつかずな内容に視聴者は困惑。フジの演出に不快感を持った人も多かったようだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

人気記事ランキング
  1. 1やっぱり不倫はアウト! 全CMが放送中止で渡辺謙が大ピンチ!2017.5.17
  2. 2結局は国内向けのプロモーションに過ぎない!? 日本人アーティスト海外進出の皮算用とは!?2017.5.24
  3. 3あばれる君、イモトアヤコ、平野ノラ…生き残るのは誰だ? キャラ芸人を乱発するナベプロ――ブルゾンも使い捨て!? の育成戦略2017.5.17
  4. 4恐喝、根回し、ケタはずれのパワーゲーム……エージェント同士の殴り合いも!? ドンが牛耳った米国の芸能界2017.5.23
  5. 5佐々木希と渡部建の結婚に希望を見いだしている独身中年男性は、身のほどをわきまえるべきである。【佐々木】は希の風が吹く2017.5.23
  6. 6日本テレビの内定を断ったフジテレビのスーパールーキー・久慈暁子アナ“唯一の弱点”とは?2017.5.11
  7. 7お台場は今日も火事……河本準一の「生ポ」ネタでくりぃむ有田とフジがまた炎上2017.5.8
  8. 8【クロサカタツヤ×角 勝】“不作為”こそ罪 勘違いされたオープンイノベーションのまっとうな始め方2017.5.22
  9. 9成功の鍵は、圧力、妨害、そして根回し?マイケル・オーヴィッツによるハリウッド支配術2017.5.23
  10. 10【鈴木信也】ジャンプから消えたマンガ家はどうなる? 元ジャンプ作家が仕掛ける“穏やかな反撃”2017.5.24
Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年6月号

「教育勅語」とはなんだったのか?

「教育勅語」とはなんだったのか?
    • 【教育勅語】の歴史学
    • 【教育勅語】と天皇
    • 【教育勅語】口語訳全文

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」
    • 三上悠亜「アイドルになりたかった」

インタビュー

連載