>   >   > 山本圭壱をボクシングで「公開リンチ」、フジの演出は新興宗教のよう!?
1608mechaike01.jpg
フジテレビ『めちゃ×2イケてるッ!』HPより

 未成年との淫らな行為をしたことでテレビから姿を消していた極楽とんぼの山本圭壱が、7月30日放送の『めちゃ×2イケてるッ! 夏休み宿題スペシャル』(フジテレビ系)で10年ぶりに地上波復帰を果たした。

「めちゃイケ」メンバーたちの前に姿を現した山本だが、笑いながら入ってきたことを咎められ、視聴者と被害女性に土下座して謝る重苦しい空気に。さらに、今度は場所を変え、なぜかナインティナイン岡村隆史とのボクシングが始まった。

「笑いを取ろうとしているのかと思いましたが、全然そんな雰囲気じゃない。無抵抗な山本を岡村がたこ殴りにする公開リンチ状態。愚連隊という企画の設定だったのもあり、グループを抜けた仲間に対する制裁のように見えました。この後、元相方の加藤浩次が思いの丈をぶちまけるという流れでしたが、このボクシングのシーンは、正直なかったほうがよかったですね。リングサイドで観ていた『めちゃイケ』メンバーや『軍団山本』たちはみな涙を浮かべていましたが、ロンブー淳をカメラが抜いた瞬間に涙が一筋頬を伝ったのは、あまりにタイミングができすぎていて逆にシラケてしまいました」(週刊誌記者)

 その後も、加藤と共に演者、スタッフに土下座を強要された山本。最後は強引に笑いに持っていこうとする加藤に蹴りを食らったり、顔面をセメントにツッコまれたが、これまでの流れからとても笑える空気にはならず、ますます「公開リンチ」感が出てしまった。

「山本への執拗な糾弾は見ていてツラいものがありました。まるで新興宗教の自己啓発セミナーのような流れをタレントがやっている。山本の立場からすればどれだけ弁明したくても何も言えない。あまつさえ、一方的に殴られるしかないスパーリングというのは不快なだけです。山本にも言い分や、これまでの頑張りを認めて欲しい気持ちもあったはず。ここまで犯罪者扱いしていきなりボクシングで鉄拳制裁をするところに、フジの視聴者との感覚のズレを感じました」(女性誌記者)

 バラエティーともドキュメンタリーともどっちつかずな内容に視聴者は困惑。フジの演出に不快感を持った人も多かったようだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年7月号

タブーな本150冊

タブーな本150冊
    • 【出版業界】やっぱり死す!?業界裏話
    • 【EXILE】が熱く語る自己啓発本の世界
    • 【AI本】が説く人類の幸福論
    • 【サッカーとカネ】を暴く書籍群
    • 【鈴木ふみ奈】Hカップが本まみれ
    • 【人気声優】の新書が増えたナゼ
    • 【現役声優】話題の新書を辛口批評
    • 【韓国】の近代化を知るための1冊
    • 【脱北者】たちの告白本の中身
    • 【アメリカ人種差別】の今をえぐる本
    • 【LGBT】と日本近代文学(秘)史
    • 【アメリカ】文学とLGBT
    • ヤバい【SF小説】の耽美な世界
    • エキサイティングな【米国】の書評
    • 【ミチコ・カクタニ】のアートな書評
    • 【校閲者】が語る言葉狩り

SKE48・惣田紗莉渚 封印入浴グラビア

SKE48・惣田紗莉渚 封印入浴グラビア
    • 【惣田紗莉渚】の未公開セクシーショット

インタビュー

連載

    • 【RaMu】週5でラーメン行っちゃうんです。
    • 【池田美優】浜崎あゆみの歌が響く
    • 【森田ワカナ】吉木りさに憧れる童顔巨乳
    • 多額の強化費の先を見た飛込選手
    • 文春砲を食らった?【七瀬】ふたたび
    • 通信の理想と現実の狭間で揺れる中立性
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【曽我部恵一】がFUCK YOU音頭を作る
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【ジャネール・モネイ】アンドロイドから人間へ
    • 【広島脱走事件】開放刑務所の奇跡的大成功
    • 【サヴァン症候群】なる局所的能力
    • 町山智浩/『ウインド・リバー』先住民保留地とアメリカの闇
    • 【タバコ規制】を妨げる利権たち
    • 小原真史の「写真時評」
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【恋は雨上がりのように】日本男性のロリコン趣向
    • エロティック画像でメイクマネー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元米軍兵が【ビール】を使って町おこし
    • 幽霊、大人にならない老人の軽小説。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』