>   >   > 復帰した極楽・山本圭壱に「強姦魔は観たくない」のアレルギー反応
1608yamamoto01s.jpg
『極楽野球放談』

 未成年に酒を飲ませて淫らな行為をしたとして吉本興業を解雇され、テレビから姿を消していた極楽とんぼの山本圭壱が、7月30日放送の『めちゃ×2イケてるッ! 夏休み宿題スペシャル』(フジテレビ系)で10年ぶりに地上波復帰を果たした。

 元相方の加藤浩次が10年ぶりの熱い思いをぶつけたシーンや、号泣する『めちゃイケ』メンバーたちの絆に「感動した」「泣いた」という声も聞かれたが、一方で、ところどこで山本の「本心」が透けて見えたことで批判の声も殺到している。テレビ誌ライターが言う。

「山本は10年間、『めちゃイケ』メンバーに直接謝罪していなかった。それにも関わらず、にやけたまま登場し、第一声が『すいませんでした』でなかったことに加藤も憤慨。高野山で1年間寺修行を勤めあげたら復帰させると関係者が段取りしていたのに、ツラくて逃げ出していたことも明らかになりました。さらには、自分からアクションを起こさないでも、いつか『めちゃイケ』のほうから来てくれるとタカを括っていたというのですから、この態度では復帰に10年かかったのも当然でしょう」

 ネット上でも「本人が反省していなかったことがわかった」「被害女性は山本の顔を見るたびに思い出す。たまったもんじゃない」「少女強姦魔は目に入るのも嫌なので『めちゃイケ』は2度と観ないことにする」と、予想通り視聴者のアレルギー反応も強い。

「山本や加藤は今回をみそぎとして『めちゃイケ』レギューラー復帰を期待していたようですが、さすがにそれは甘すぎる。スポンサーに抗議が殺到するのは予想されますし、番組復帰となれば『レイプ推奨番組』とすら言われかねません。今後も完全復帰の道のりは険しいと言わざるを得ない。極楽とんぼとして謝罪ライブツアーを行うという加藤の提案がいちばん現実的な復帰プランでしょう」(芸能関係者)

 山本は世間の反応を知って、自分の「甘さ」に気付いただろうか。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年6月号

オトナの写真学

オトナの写真学
    • 【アラーキー問題】の本質とは?
    • 【小原真史】私写真という怪物について
    • 【板倉由美】法的問題はどこにあるのか
    • 【黒瀬陽平】法に触れた芸術家は沈黙すべきでない
    • 【田中東子】フェミニズムとアラーキー
    • 進化する【LGBT】写真の美意識
    • インスタ炎上姫【水原希子】研究
    • 【水着グラビア】は性の商品化か?
    • アメリカ写真雑誌と【人種差別】
    • 奇妙すぎる【戦争写真】を発掘
    • サイゾー的【カメラ批評】
    • 写真が形作ってきた【偽史】
    • 報道写真をめぐる【加工】の境界線
    • 歴史を変えた【報道写真】の光と影
    • 【AI】進化でカメラマンが消滅する日
    • 世界を変える最先端【画像技術】
    • 【学問としての写真】最新潮流
    • 海外の【写真教育】事情
    • デジタル時代の【お焚き上げ】事情

忍野さら"暗室"グラビア

忍野さら
    • 【忍野さら】の危険な部分にレンズが迫る

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【日向カリーナ】筑前煮が好きなんです。
    • 【優木まおみ】アイドルから教わる初心
    • 【原あや香】モグラ女子の謎の習慣
    • パラリンピック1964-2020
    • 【彩芽】とスキャンダル
    • 漫画村が開けた「ブロッキング」のヤバさ
    • 高須基仁の「全摘」
    • 異様な空気が高揚を促す【奇祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【ミシェル・ンデゲオチェロ】丸刈り才女の面目躍如
    • 【森友文書改ざん】法務省が抱えた積年の恨み
    • 統合失調症や自閉症は【母親】のせい!?
    • 町山智浩/『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』正義のラケットで女生憎悪を打ち砕け!
    • 【フェイスブック】個人情報商用利用の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/燃える宇船
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【星野源】ドラえもんの歌詞の妙技
    • ガンズ・アンド・ローゼズTシャツをめぐる裏話
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、性からの逃走に聖痕の闘争を。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』